KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 小林徹夫 > 日記

小林徹夫|小林牛舌本舗

歯医者にて

2001/09/13
先日、右上奥歯に軽く麦茶がしみたので、
9年ぶりぐらいで歯医者にいきました。
あの、背もたれが倒れていくいすに座ったのも
9年ぶりですがざっと見渡しても、それほど見た目に変化はないですね。全体的に。
さて、右上奥歯ですが、レントゲンをとられた
ところ、それほどひどいことにはなっていない、という話でした。最初は。
ところが、もともとはまっていた、詰め物を
はがし、ごりごりとほじくられていくうちに、
う〜ん、と男性歯医者さん、うめきました。
これは、けっこう深いかもしれません。
けずります、というと、即座に麻酔をされ、
ういんういんとドリルで穴をあけられてしまいました。では、この手鏡で自分で見てください
と鏡をわたされて、のぞいてみると、歯の真中にぽっかり穴があき、その奥は黒く変色してました。ああ、これはひどい。と自分でも思いました。もう神経まであと1ミリないそうです。
詰め物しときますが、痛くなったら、すぐに
きてください。神経を抜きます、と先生。
そんな事になっていたとは。9年はほったらかしすぎたなあ、とやや気が滅入っていたら、お先に失礼シマース、と若い茶髪の歯科助手の女性がさっそうと僕の前を横切って帰宅していきました。反射的にお疲れ様でした、といいそうに
なったんですが、麻酔で口が動かず、おふはれ
といったところでやめました。
顔の右半分が麻酔でかたまって、背もたれのたおれた椅子の上で、大口あけて、よだれかけに
よだれたらしているぼくは、たぶん、かっこ悪い中年に見えたかなあ、といっそう気持ちが沈んでいきました。
9年前なら、まだまだこれからの学生だった
のに、とその後は深い深い記憶の底の旅に
出て行きました。

ピンチヒッター

2001/09/06
ピンチヒッター
大変だと思う。出場する時は、まず平和な
場面ではない。
ベンチ、観客の期待、不安を一身に背負う、
たった一度の打席。
結果を出すと、ヒーローになれ、出せないと
戦犯呼ばわり。

そんなピンチヒッターの気分を、来週味わう。
KBCラジオ毎週月〜金、午後1時から5時まで
生放送。栗田善成のそんなバナナ塾。
栗田さんお休みのピンチヒッター、月曜日
がぼくの打席です。

おわっちゃいました

2001/09/01
今日のダイエー対オリックスの22回戦で
ダイエー今シーズン22試合を残し、僕の
登板が終わりました。

福岡にきて半年あまり。4度の実況で、
聞いて下さっているざまざまな人たちに、
ダイエー戦の迫力と興奮、そして、この
アナウンサー大丈夫か?の冷や汗を
お届けできたかどうか。

シーズン終盤にきて、目の、耳の離せない
ゲームが続きますが、実況を離れたところから、引き続き試合を追って、次のシーズンに
早くも備えたいと思います。
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます