KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 小林徹夫 > 日記

小林徹夫|小林牛舌本舗

甲子園球場です

2008/06/12

久しぶりのプロペラ機です。手前は竹重ディレクター

仕事の前に精をつけるにはやはりうなぎでしょう

いつもうれしそうな藤原さんです

今回は大先輩、島村俊治アナウンサーと一緒です

この色使い、東急ハンズかと思いました

藤原さん、大人気です

甲子園の空気は独特。気持ちがいいんです
プロ野球交流戦も既に日程の半分を消化。このところちょっと
ホークスは元気がありません。
そんな中ではありますが、6月6日、7日とセリーグ首位の
阪神との2連戦中継のため、阪神甲子園球場に行ってきました。

ぼく達KBCのスタッフはどちらかというと、福岡、大阪の移動は
地面よりも空を好む人が多くて、今回も伊丹空港までは
飛行機。プロペラ機です。結構静かで快適な乗り物でした。

梅田に着いたらまずはらごしらえはいつもの通り。
いきなりうなぎです。何を食べても藤原満さんは、うれしそうですねえ。
今回は元NHKアナウンサーの島村俊治さんと一緒です。
やっぱりうなぎはうれしそうでした。

で、甲子園球場です。できて80年以上が経つ甲子園。ついに
改修工事が始まっています。あの有名な蔦は全部撤去。再来年
工事が完了した後、再び植樹をするそうですが、この感じ、
どこかに似ていると思ったら、東急ハンズでした。

入り口の前です。やっぱり藤原さんは大阪ではとんでもない
有名人なんですね。あっという間に30人程の人々に囲まれまして、即席のサイン会が始まってしまいました。すごいです。

球場の外が変われば中もかわります。座席が新しくなって
放送席も少し上のほうに移動されていましたが、やっぱり
ここは甲子園。気持ちがいいですなあ。

甲子園での2連戦は、残念ながら2連敗。でも敵チームのファン
ではあるものの、地鳴りのような声が響く甲子園独特の雰囲気
の中で中継ができて、今回も楽しい出張でした。



ゴールデンゲームズイン延岡行きました

2008/06/02

福岡から飛行機で40分。宮崎空港からJRで1時間程です

茶色ではなくて青いトラックが印象的ですな

競技場の周りには出店も

こんなおまんじゅう屋さんもありました

こんなに近いんですよ。牧歌的ですなあ

東国原知事は大人気。2人となりは宗茂さんです

北京五輪マラソン代表大崎悟史選手は3位

見事な花火でフィナーレでした
5月31日、宮崎県延岡市で行われた陸上大会、ゴールデンゲームズイン延岡の取材に行ってきました。
今年で19回目を迎えたこの大会には、小中学生から日本の実業団のトップアスリートまで600人を越える選手がエントリー。
トラックで記録を競いました。

この大会が他と大きく違うのは、選手との距離が非常に近いことです。観客(入場は無料です)はスタンドから見ることもできますし、フィールドレベルに降りて、コースのすぐ脇から
トップランナーのスピードを堪能することも可能です。
芝生もあったりして、寝そべりながら、快晴の空の下、ビールを片手に応援している人たちもいました。

また、この大会独自の応援方法として、トラック周囲に置かれた広告看板をバンバン叩きながら声援を飛ばす、というものが
あります。これがすごい音。日が落ちて夜になってもレースは続くのですが、周囲が山だからいいようなものの、住宅街だと
苦情がくるのでは?と思うようなすさまじい音が響きます。
でも選手にしてみたら、これがいいんでしょうね。近くで
陸上好きな延岡の人々の熱い、暖かい声援を受けながら、自己
ベスト、あるいは日本記録更新を目指して走っておりました。

なんとも手作り感溢れるゴールデンゲームズ。通常あるような
ピリピリしたムードなど皆無で、とても楽しい取材でした。
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます