KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 小林徹夫 > 日記

小林徹夫|小林牛舌本舗

当たるかな

2014/11/27
コンビニで買い物をした後、店員さんに「このくじを引いてもらえますか?」

最近結構よく言われますね。

今まで一度も何かが当たったことはなく、毎回「応募券です」
と言われ、よく見ることもなく捨てておりました。

先日、初めて「商品が当たってますう!」
頂いたのは、袋詰めのチョコレート。結構うれしかったです。

同じ日。KBC社内のくじつき自動販売機で炭酸水を買うと、

「7777」

今までで2度目の出来事です。
水、もう一本もらいました。

ここで、むむ、確変が起こっておる!
と思い、その足で最寄りの宝くじ売り場へ。

普段は買わないスクラッチを20枚。2000円分購入した
ところ、200円一枚と、1000円一枚の当たり。
ここで、確信に変わりました。


その当たりくじを持って、再び宝くじ売り場に戻りまして、
今度は、最大8億円が当たるロト7を購入。

また、その翌日は年末ジャンボの発売開始でもあったので、
鼻息荒くそれも購入。



いろんな妄想を膨らませながら、帰りに車で近所のスーパーによりました。
そこは、車を止める駐車場が併設されているのですが、コインパーキングのように、止めた瞬間に止め板が跳ね上がるシステムになっております。

僕が必要だった買い物は200円程度のものでしてレジの方に
「これだと駐車券がお渡しできないんです。500円以上のお買いものはありませんか?福岡市のゴミ袋など買われる方が
多いですけど。このままだと駐車料200円がかかります」

と言われ、駐車券欲しさにゴミ袋も購入。無事駐車券ももらって駐車の精算を行いました。

僕が車を止めていた場所は「8」番。

隣が9番だなあなんて思いながら精算ボタンを押していたら、
あろうことか、9のボタンを押してしまい。
ウイーンという無機質な音を立てながら、隣の車の止め板が
下っていきました。
結局200円を支払って車を出したわけですが。


手元にあるロト7と年末ジャンボ。


確変していた時期はあっという真に過ぎたんでしょうねえ。
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます