KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > 日記

沖 繁義|『オキてやぶり』日誌

アビスパ

2006/08/31
 アビスパが、現在最下位と苦しんでいます。
攻めの姿勢は、十分に感じられますが、失点が、今までのアビスパでは考えられないような増加傾向。
セレッソも、だんだん調子だでてきましたし、次こそ、次こそといってきましたが、いよいよ、本当に、次こそ勝たないと、いかんです!!!
 先日、ジェフ戦では、サポーターのすごい声援がありました。ファンは、声をからして応援している。
 
 あとは、結果。チャンスはたくさんありました。最後の最後、シュートの精度が上がれば...。うーん。
 
 しかし、まだ、あきらめていません!信じてるぞ、アビスパ!

きっかけ

2006/08/04
 先日、オッキーのラジドラ(毎週土曜日夜11時)のリスナーから、「なんでアナウンサーを目指したんですか?」という、素朴なメールをもらいました。
 思いおこせば、高校生のころ、まだ高校球児として、白球をおいかけていたころ、夏の甲子園をかけた大会の前、地元の放送局のアナウンサーが取材にきてくれたんです。そのとき、いろいろ話を取材してくださって、そのあと、自分たちの試合の実況で、いろんなエピソードをまじめながら放送してくださった。そのときに、ああなんとなくですが、こんな人になりたいなあと、思ったのがきっかけでした。
 その当時は、友達にいっても「お前まじか?」とかいわれまして、そんなに進学率も高くない学校でしたし、そんな反応でしたね。でも、自分で絶対無理だ、なんて思いませんでした。自分で自分のことを否定すると、可能性が1%たとえあったとしても、それさえもなくなってしまうと思ったからです。受験でも一緒、将来の夢をもっている人も一緒。たとえ周りがどんな反応をしようとも、自分のことは信じて、がんばってほしいですね。
 「あ、こんな、仕事したいなあ」とか、「こういう学校に進学したいなあ」と、そんな、ちょっと抱いた思いを大事にしてほしいなあと、思いましたね。
 受験や、就職活動がんばっているみなさん、夏をのりきりましょう!!!!
 

沖 繁義
Shigeyoshi Oki

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます