KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡ソフトバンクホークス スタートアップ2018応援パフォーマンスDVD

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > 日記

沖 繁義|『オキてやぶり』日誌

小銭じゃらじゃら

2007/11/28
 
 小銭が、自分の意に反して、

    ものすごく財布の中で大量になってしまう、
             
             そんなことってありませんか?

 先日、駅の改札の自動券売機で、160円の電車の切符を買

 おうとしました。


 200円投入すると、40円がすべて10円玉で返ってくる

 なあと思い、210円を入れて、50円玉1枚のみが返って

 くることを期待したんですが、じゃらじゃらじゃら...。

   あちゃー、そうきたか?

 さらに、この間ー

  定食屋で520円のランチを食べたんですが、券売機で

 1020円を投入して、500円玉一枚を期待したんですが、

 またしても、じゃらじゃらじゃら...。
 
 世の中なかなか思い通りにはいきませんね...。

アジアシリーズ

2007/11/12

 中日ドラゴンズが、アジアシリーズを制して、

 アジアシリーズ日本勢の3年連続の優勝を決めました。

 ただ、クライマックスシリーズ、日本シリーズでの中日の

 圧倒的な強さが感じられず、ハラハラした野球ファンも多か

 ったでしょう。その理由の一つは、日本以外のチーム、韓

 国、台湾、中国らのレベルが上がってきていることは確かで

 しょう。実際、中日と韓国代表SKワイバーンズの差はほと

 んどなかったように感じます。

 そしてもうひとつ、モチベーションの差もあげられるのでは

 ないでしょうか。中日の選手はクライマックス、日本シリー

 ズで一区切り。最高潮が日本のポストシーズンのためそのあ

 とのアジアシリーズは「おまけ」的なとらえ方だった部分は

 多少なりあったかと思います。

 先日、アジアシリーズのテレビ中継でSMAPの中居くんが

 「なんで、ウッズはいないんですか?」と解説者に質問して

 いました。テレビを観ている野球ファンの声をまさに代弁し

 ていたと思います。

 我々のわからない契約上の理由でしょうが、「ウッズ

 抜き」でも勝てると判断していたのかと思われても仕方ない

 と思います。韓国、台湾、中国。日本以外の3カ国は、

 打倒日本という気構えで、戦力的にもベストな布陣で臨んで

 きていました。まさに「本気」でした。

 しかし日本勢は「ベストな布陣でなくても、まあ大丈夫だろ

 う」というような空気を、オーダーを見る限り、多少なり

 感じてしまいました。アジアシリーズを主催する日本として

 「日本シリーズのあと、アジアシリーズも制してこそチャン

 ピオン」そういう意識であって欲しいなと思います。もし

 負けていたとしたら「もし、ウッズや川上がいたら、圧倒し

 てたのになあ」とファンはおそらく思ったことでしょう。

 かろうじて、今年も日本代表のチームが優勝しましたが、ベ

 ストメンバーでアジアNO1を争う姿をみたいファンが多い

 のではないでしょうか。もちろんプレーした選手は全力でプ

 レーしたと思いますが、日本球界全体の姿勢として大事なこ

 とではないかと思いました。  

福岡国際マラソン

2007/11/09

 12月2日 日曜日に福岡国際マラソンが

 行われますが、コースの42.195キロを、日々歩いています。

 コースを歩くことで、しっかり覚えるんですよね。

 1日に10キロから20キロ、それを何日かに分けて、

 コースに行くわけですが、ランナーたちは

 これを2時間10分きるようなタイムで走破するわけで、

 あらためて、ランナーはすごいことがわかります。


 それから、街を歩いてみるといろんな風景が1年の間で変わ

 っているのがわかります。たとえば、空き地にマンションが

 建っていたり、コンビニが違うものに変わっていたり、福岡

 の街もどんどんと変わっているんですよね。風景の変化など

 に目を向けてみると、結構ウォーキングが楽しくなっていき

 ますね。 

 

沖 繁義
Shigeyoshi Oki

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます