KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡ソフトバンクホークス スタートアップ2018応援パフォーマンスDVD

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > 日記

沖 繁義|『オキてやぶり』日誌

パオーン!!!

2007/02/20
今日と明日、KBCラジオ「PAO〜N」にピンチヒッターで私が登場します。沢田さんの目撃情報、そしてアナの失敗談などなど、どしどしご応募ください。ちなみに今日の放送は、気づいたら私の「実況・秘話」のようなトークになりまして、たくさんのエピソードを披露させていただきました。明日は、奥田アナと大庭宗一さんと私でお送りします。お昼12時から夕方4時まで4時間生放送。ご期待くださいね。

宮崎ホークスキャンプリポート!

2007/02/16
宮崎は暑いです。私も真っ黒に日焼けしました。会社に帰ると先輩に「え?ヒサロ行ったの?(日焼けサロン)」ってつっこまれたほどです(笑)。さて今年のホークス、私の注目投手をお伝えしますと、山村路直投手です。プロに入り1年目にA組でキャンプをすごしていましたが、怪我で離脱して以来のA組キャンプ。毎年のように怪我苦しんできましたが、今年どこも痛くないと。山村投手の表情をみていると、こちらまでうれしくなります。とにかく野球少年のように表情が明るい。きっと怪我なく順調にきていることが本当に嬉しいんだろうと思います。「ブルペンに連日入ったりするとすこし肩とか腕が張りますけどその感覚さえも、なんか嬉しいですね」と山村投手は話してくれました。王監督も「今年は中継ぎがポイント」と話していましたが、山村投手がセットアッパーあたりにくいこむと、より一層、ホークスの投手陣は磐石になるでしょう。素朴で純朴で人としても魅力ある山村投手。彼が今年、1軍のマウンドで大活躍する予感がします。その姿を、ぜひ実況させて頂きたいものです。


すごい報道陣です!

人・人・人

ファンの方もスタンドぎっしり

アビスパ福岡・キャンプリポート

2007/02/15
一昨日宮崎キャンプ取材から戻ってきました。ホークスそしてサッカー・アビスパを取材してきました。今日は、アビスパ取材リポートということでお送りします。今年のアビスパ、リトバルスキー監督が就任して注目されてますが、どんなチームを作るのか。取材して感じたのは、まずセンターラインをどうするのか?GK水谷、DF千代反田、MFホベルトが去り、どうするのか。このあたりは課題です、特に守備に関して。ボランチ、センター、キーパーが抜けた訳ですからね。リティーのサッカーは分かりやすくいいますと、「つなぐサッカー」です。その為一人一人がしっかり動かないといけない。したがって練習量が去年までの2倍近くになっていました、よく走る走る。そしてドイツ人の監督らしく、規律も厳しく、選手はそれぞれ、体脂肪率を9l以下に保たないといけない。お酒を飲んではいけないなど。リティーが選手達を戦う集団にしようというのが伝わってきます。今は、まだリティーは選手のパフォーマンスを見極めている時期。そして選手はリティーのサッカーを日々練習で感じ、アピールしている時期。長丁場のJ2だからこそ、開幕ダッシュは非常に大事です。開幕まであとわずか、リティーサッカーがどこまで選手に浸透し、「今年のアビスパの形」が見えてくるか。目が離せません!

ホークスと同じ、生目の杜運動公園内!
 

ガンダム!!!

2007/02/02
 みなさんは、今一番ほしいものはなんですか?私は、大のガンダムファンなんですが、ガンダムのDVDがほしいのです。ファンの間では「ファースト」と呼ばれる元祖ガンダムです。
 年末にDVD・BOX1、そして1月下旬にBOX2が発売になりました。のどから手がでるほどほしいのですが、何せ結構な、お値段。BOX1、2あわせて定価ですと6万円以上のものなんです。さすがに、家族(=妻)の同意を得にくいわけでして...。日々、ガンダムの素晴らしさを妻に説いても、なかなか厳しいのです。我が家でも、連邦軍対ジオンのごとく、戦いが繰り広げられています(笑)。
 ということで、ひそかに今、中古や、オークションなどを狙っている私なのでした。
 
 

「どうしても欲しいんだ〜」(熱弁)
 

ラジドラセミナー

2007/02/01
日ごろ、スポーツ中継を担当している私ですが、担当している番組、【おっきーのラジドラ学園】では、パーソナリティをしています。ティーンズのリスナーが多いのですが、先日、高校生対象のセミナーを開きました。今年も会場を埋め尽くす、多くの高校生があつまってくれましたよ。
アナウンスセミナー、演出部門、放送作家による講座。様々なもりだくさんな内容でした。放送局に興味がある学生も、そうでない学生も、とにかく熱気ムンムン。
僕は、もちろん全体のMC、そしてアナウンスセミナーを担当しましたが、高校生の真剣な表情に、本気さが伝わってきましたね。
自分がアナウンサーという今の仕事のきっかけになったのが、高校2年生の時、甲子園目指して猛練習を重ねていたころの、取材をしてくださったあるアナウンサーとの出会いでした。
そんな頃を思いだしましたね。
高校生リスナーにとって、少しでも、有意義な時間になったことを願いつつ、これからもよろしくです。
受験生のみんな、がんばれよ!!!!


熱血トーク中!?

高校生達と盛り上がりました!

沖 繁義
Shigeyoshi Oki

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます