KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > 日記

沖 繁義|『オキてやぶり』日誌

アビスパ福岡開幕戦

2009/03/07


サッカーJリーグの開幕の日。アビスパ福岡は

新規参入チームのカターレ富山とホームで対戦しました。

結果は0対0のドロー。正直なところ、2対0、3対0という

結果で勝利すると予想をされていた方も多かったでしょう

が、サッカーは、ほんと何があるかわかりませんね。前半か

ら、開幕の独特のムードの中、アビスパの選手はやや動きがか

たく、一方、富山の選手はのびのびとピッチをかけまわってい

ました。

試合はドローでしたが、守備ではシンプルに長いボールを入れ

てくる相手に対し、マークやボールへの対応がルーズになり、

高い位置でファールを何度もおかしてしまうシーンが見られま

した。さらに裏を狙ってくる相手へのケアが遅れてしまったと

ころがあった印象でした。

攻撃では、セカンドボールをもっとキープしたかったところで

す。そして、篠田監督の提唱するポゼッションサッカーからの

サイド攻撃。何度も繰り返していましたが、クロスそして、フ

ィニッシュへの精度。全体的に、ダイナミックさ、緩急がさら

に必要だったのかなと思いました。

そんな中、前半18分にPKを与え大ピンチでしたが、そこは

GK吉田選手がファインセーブでチームを救いました。何度も

危ないシーンを救った吉田選手、チームに大きく貢献していま

したね。

ドローということで、悔しい思いのサポーターの方もいらっし

ゃると思いますが、ただ長いシーズンの幕開け、負けなかっ

た、勝ち点1はとることができたと考えることもできるかなと

思いました。何はともあれ、相手を無得点に抑えた、これは守

備陣の収穫ではないかと思います。長いシーズン、51試合

あります。今年こそJ1昇格を信じ、応援したいと思います。

次節では、勝ち点「3」を期待しましょう!




沖 繁義
Shigeyoshi Oki

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます