KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > 日記

沖 繁義|『オキてやぶり』日誌

高校野球 順延

2009/07/26



 九州は、連日、大雨に見舞われています。

高校野球福岡大会の、準決勝、決勝と、

テレビ中継、ラジオ中継と担当しますが、

雨の影響で、順延に次ぐ、順延。

 選手のみなさんも、調整など大変でしょうね。

 ベスト4は、20年ぶりの準決勝、修猷館と

投打にバランスのいい、筑陽学園。

そして、打線のいい、自由が丘。優勝候補
 
筆頭の、九州国際大付属になりました。

 私は、準決勝第1試合のTV中継、
 
そして、決勝戦は、ラジオ中継担当です。

KBCテレビでは、新人アナウンサーの、工藤、細谷

両アナウンサーが、スタンドから応援団などのリポートを

します。

そして放送のゲストは、九州共立大野球部監督 仲里清さん

と、福岡大学野球部監督 樋口修二さんで

お送りします。
 
ぜひ、高校野球中継は、KBCテレビ、ラジオで

宜しく御願いします。 
 

高校野球

2009/07/06



球児の夏が、やってきましたね。

こんにちは、元高校球児・沖 繁義です。

今年も、KBC高校野球中継の実況担当をさせていただきま

す。

高校球児、とくに3年生にとっては、最後の夏。

特別な おもいでのぞむことと思います。

私の「夏」は、悔しいものでした。

92年、第74回広島大会2回戦。5対5の同点で迎えた9

回、2死満塁で、打席がまわってきました。

それまで、3打数2安打とヒットを打っていました、

正直、「思いっきりひっぱってやろう」と、力んでいました。

しかも、キャプテンを務めていまして、「自分が何とかする」

と、しかし、気負いが災いしてか、結果は、ショートゴロ。

その後、延長戦でサヨナラ負けを喫しました。決して忘れられ

ない、「夏」思い出です。試合後、自分でも「何故、平常心で打

席に立てなかったのか、いつもセンター返しを心がけていたじ

ゃないか」と、過ぎた時間を、呆然と振り返り、号泣したのを

覚えています。

球児のみなさんに。勝負ですから、結果はさけられないも

の、勝つか負けるかいづれかが付いてきます。ただ、

自分の力をだしきった上での結果であって欲しいと思います。


それでも負ければ、悔いはつきものといいます。しかし、

球児たちの普段とりくんでいるものを、しっかりだせた

上での結果であってほしいと、願っています。

2009年の「夏」。今年はどんな大会になるんでしょうか。

KBCテレビ、ラジオは、高校野球を、熱くお伝えします。










沖 繁義
Shigeyoshi Oki

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます