KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > 日記

沖 繁義|『オキてやぶり』日誌

親友

2011/10/06


ホークスは、2連覇を達成し、他のチームによるクライマックスシリーズ進出をめぐる熾烈な争いが続くレギュラーシーズン大詰めの今日このごろ。
大学時代からの「親友」の現役引退が発表されました。

横浜ベイスターズの早川大輔外野手が、今季限りでの引退を発表しました。立教大学時代、彼が野球部、私は同じ学部でした。私はよく大好きな野球を観戦するため、神宮球場に野球部の応援に行き、さらに学生時代所属していた立教大学放送研究会の活動で、野球部をずっと追いかけていたことから、自然と接点ができ、彼と親しくなっていきました。

早川選手は大学4年時は、野球部で主将。とにかく足が速くて、神宮を縦横無尽に駆け回る、まさにスピードスター。さらに甘いマスク、いわゆる「イケメン」で、女子からの人気も高かった早川選手。まさに、僕たち同級生の「星」。そして、熱い男でした。

社会人ホンダを経て、01年にオリックスに入団、俊足巧打のスイッチヒッター、勝負強い打撃も光りました。オリックス時代に、彼が結婚したとき、自分が、早川選手の結婚式の司会を担当させていただきました。

何度となく大学時代からの親友がプロの世界でプレーしていることで励まされたり、また、ホークスとのゲームを実況するときなど、ずっと応援してきた「友」「同級生」のプレーを中継できる、そんな幸せを感じていたものです。

早川選手は、ロッテを経て、その後、横浜へ移籍。
ケガとも闘いながら、10年の現役生活を取り組みました。

同級生の熱きプレーで、私を含めた、大学時代の同級生たちがたくさん勇気をもらいました。

お疲れさま、早川 大輔! そして、ありがとう!

沖 繁義
Shigeyoshi Oki

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます