KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > 日記

沖 繁義|『オキてやぶり』日誌

宮崎キャンプ取材

2011/02/09


 先日まで、ホークス宮崎キャンプを取材してきました。

今年は、新燃岳の噴火の影響で、火山灰の降る中、選手たちが

奮闘してます。

 私が、滞在中は、好天に恵まれたのですが、まさに、

『晴れ 時々 灰』でした。

一時、雨のように降る時間帯もあり、ホテルに帰り

シャワーを浴び、体から灰を流す毎日でした。

マスクはもちろん、目薬、帽子、傘などもあると、いいと思い

ますので、宮崎に行かれる方は、灰対策をされてください。

そんな中、選手は、灰に負けず日々、練習をしています。

 私が注目した一人、森福投手は、去年、貴重な中継ぎとして

ブレークしましたが、今年も更なる高みを目指しています。

キャンプの調整も、ここまで本人が『絶好調』と話すように

着実にとりくんでいました。

 今年のキャンプのテーマは『コントロールの精度を上げる

事』。去年、抜群の制球力で打者を抑えましたが、

大事なクライマックスシリーズで打たれた悔しさから、

1球の失投の怖さを痛感したといいます。

 精度を上げるため、体の軸、バランスを意識して、

連日、投げ込みをしています。

 杉内投手と今年、自主トレをともにし、『杉内さんの体の

バランスが素晴らしかった』と、刺激をもらった森福投手。

 より高いレベルの制球力をみにつけて、今シーズンは

フルシーズンを通した活躍に向けて、気合十分でした。

 こちらの質問などにも、丁寧に、真摯に答えてくれる

森福投手。応援したい選手です。

 ファンのみなさん、是非、今シーズンも森福投手に

期待してください。

沖 繁義
Shigeyoshi Oki

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます