KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > 日記

沖 繁義|『オキてやぶり』日誌

KBCラジオ DJ五十嵐 復活です!

2016/06/29
沖 繁義です。

6月29日(水)、今日はロッテ戦のホークスです。
もちろん、ホークス戦144試合全試合実況中継の
KBCラジオは今夜もお送りしますよ。

今日は、KBCラジオの人気コーナー、
1軍に復帰しました五十嵐亮太投手の
「DJ五十嵐」が復活です。
左太もも肉離れから帰ってきました、五十嵐投手。
是非、是非、KBCラジオで五十嵐投手の
声をお聴きください。
きっと、いろんな裏話がでると思います。

KBCラジオ、午後5時25分ごろから放送です。

リーグ戦再開!

2016/06/24
今日からリーグ戦再開です。
もちろん、KBCラジオは
ホークス戦全試合実況中継でお送りしますよ。
城所選手 ブレーク中。苦労人なだけに、ファンの方の
熱い応援ぶり、城所選手に対しての思いをものすごく
感じます。
個人的には、東浜投手のさらなる飛躍を期待です。
25日、楽天戦先発のようですが、ここまで8試合に
先発し、5勝。無敗で防御率2.08。
安定感抜群ですね。
東浜投手が、武田投手、千賀投手とずっと、シーズン
終盤まで切磋琢磨していくと、
20代トリオでの2ケタ10勝を達成して欲しいですね。
さあ、独走態勢固めていくか、ホークスの戦い
ぶり注目です!

本日、KBCラジオ・アビスパ戦中継デス!

2016/06/18
本日、6月18日(土)
KBCラジオ アビスパ福岡 対 川崎フロンターレ戦
実況中継。お届けします。
放送は、午後6時55分からです。

暑い夜に、熱い中継、お伝えします! 
KBCラジオをつうじて、みなさま、レベスタにエールを
送ってください。
では、行ってきます!


いよいよ明日18日(土)アビスパ戦ラジオ中継!

2016/06/17
明日に迫りました、アビスパ福岡 対
川崎フロンターレ戦 KBCラジオ実況中継。

首位川崎が勝ち、2位鹿島が敗れますと、
川崎の悲願の初優勝が決まります。

アビスパの選手は「絶対に目の前で優勝
させたくない」と意気込んでます。

一方、川崎のゴールハンター、大久保選手は、
地元福岡凱旋。自腹でおよそ300人、
家族、友人らをレベスタに明日招待するそうで、
大応援団がつくられそうですね。

アビスパ福岡は、J1残留を果たすためにも
明日の試合、負けられない一戦。川崎は
クラブ史上初のJ1制覇がかかる大一番。
選手たちのプライドをかけた試合。プレーを
あつくお伝えします。

KBCラジオはこの春、ワイドFM開局。
まるでレベスタにいるような、臨場感と
クリアな質、音の広がりを是非感じてくださいね。

明日午後6時55分から放送、
KBCラジオ アビスパ福岡 対 川崎フロンターレ
実況中継。
解説、山下芳輝さん、実況、私 KBC 沖 繁義で
お送りします。

18日(土)KBCラジオサッカー実況中継。解説はプリンス!

2016/06/16

山下芳輝さんと、気合のツーショット!
18日(土)にせまりました、
アビスパ福岡 対 川崎フロンターレ
KBCラジオ実況中継。

解説は、アビスパ福岡OB
元 日本代表 山下芳輝(よしてる)さんです。

アビスパの雁ノ巣練習場で、勝利の実況中継がお届け
できるよう、二人で気合を入れた、ツーショット。

山下さんは、96年から2001年までアビスパ福岡で
ストライカーとして活躍。「プリンス」と
呼ばれました!
98年 J1昇格決定戦 1回戦、川崎戦で
後半アディショナルタイムに劇的同点ゴールを
決めています。
(延長でアビスパは川崎を下し、川崎の
J1参入がならず)

山下さん「キーマンは、ウェリントン選手」
ストライカー、フォワード出身ならでは。
ウェリントン選手に対しての期待大。
厳しいマークの中、どうゴールを狙うか。
8戦ぶりのゴールなるか、注目です。

18日(土)午後6時55分から、KBCラジオ
サッカー実況中継。アビスパ福岡対川崎フロンターレ。
解説、山下芳輝さん、実況、沖 繁義。
是非、お聴きくださいね。

18日(土)はアビスパ戦 ラジオ実況中継!

2016/06/15
6月18日(土)は

KBCラジオ サッカーJ1
アビスパ福岡 対 川崎フロンターレ戦を
実況中継でお送りします。

アビスパにとっては、ファーストステージ
ホーム最終戦。ここまで苦しい戦いですが
負けられない1戦です。

川崎は悲願の初優勝がかかる試合。
大一番になりました。
日本最強のゴールハンター 大久保選手が
地元福岡に凱旋します。

解説はアビスパ福岡OB・元日本代表の
山下芳輝さん、
実況 私、KBC 沖 繁義でお送りします。

是非、土曜日はアビスパ戦ラジオで
おたのしみください。
6月18日(土)午後6時55分から放送です。

アビスパ福岡 1次リーグ突破!

2016/06/07
6月5日(日)サッカーJ1、アビスパ福岡
ナビスコカップの1次リーグ、最終節、
アルビレックス新潟をレベルファイブスタジアムに
むかえました。

この日のスタメンは、前線の4人は、平井、邦本、金森、
為田の各選手。

前半立ち上がりに、不用意なバックパスのミスを
つかれ、新潟 山崎選手に先制ゴールを許します。
しかし、この日、アビスパの選手達は
たくましかったです。
ウェリントン選手が、スタメンを外れる中、高さを
生かせませんが、その反面、前の4人の
スピード感あふれる動き、じょじょにチャンスを
作りました。
前半16分、鈴木選手の前線へのボールがバウンドボール
になり、相手キーパーが前にでたところ、頭を完全に
越え、金森選手が冷静に決めました。
さらに前半19分、金森選手のスルーパスに、
平井選手が反応し、角度のないところからゴール。
37分に、邦本選手の裏へのパス、平井選手が
もちこんで、エリアの中、金森選手へ、これも
見事に決めて、前半だけでアビスパは3得点。
後半にも城後選手のゴールで結局、4対2で勝利。
クラブ史上初の、ナビスコカップ決勝トーナメント
(ノックアウトステージ)進出となりました。

スピードを生かそうと、裏への意識も感じましたし、
邦本選手のパスセンスも素晴らしかった。
前の4人の関係性、距離感、タイミング、
しっかりあっていました。
このサッカーができたことは大きな収穫ではない
かと思います。
リーグ戦では、ウェリントン選手が徹底マークに
合う中、今回、地上戦を展開。
速さ、そして連係よく裏をつく。観ていて楽しさも
ありましたし、パスワースはわくわく感もありました。
是非、リーグ戦でも取り入れてほしいと思った
前線のカルテットでした。

次節、負けられない、リーグ戦 甲府戦。
非常に楽しみです。

アビスパ福岡 雨中の激闘

2016/06/02
沖 繁義です。

サッカー J1アビスパ福岡は、先日
5月29日、広島と対戦しました。
降りしきる雨の中、レベルファイブスタジアムには
1万3千人以上のサポーターがつめかけました。

なんとしても、いい試合を、そして勝ち点を
もたらしたいところでした。
この日は、アビスパ、3バックを採用。4月24日の
G大阪戦以来のシステムでした。
前への推進力というよりも、相手のシステムに
応じて、広島と同じ形にして、広島の
強力なアタッカー、ピーター・ウタカ選手、または
サイドのミキッチ選手を封じようという意図でした。

しかし、巧みなパスワークで徐々にアビスパの
ブロックを崩されていきます。
前半18分に、ウタカ選手、さらに31分に宮吉選手、
36分には柴崎選手にゴールを許しました。
後半にも1失点、結局4失点。
0対4で完敗。
昨季王者、広島に完全に力でおされました。

相手のボランチ、キャプテン青山選手やベテラン
森崎和幸選手、このあたりのパスの
出しどころ、供給源を遮断することが
できませんでした。
ボールホルダーに対して寄せられず、
プレスが甘くなり、次々パスを通されて、
くさびの縦パスや、両サイドなどもつかれました。

アビスパは2連敗で、最下位転落。
井原監督「守備の部分は1対1に集中しすぎて
しまった。簡単に前半失点してしまい、システムに
関しては、自分の判断ミスだった。長いシーズンこう
いう試合もある。次の名古屋戦で結果をだしたい」

アビスパ、J1のファーストステージは
あと4試合になりました。
J1にしっかり残留するためにも、
いよいよ、このあとの名古屋、甲府、この
2チームには、「勝たなくてはいけない試合」
になりました。

収穫は故障していたダニルソン選手が、
4月29日のFC東京戦以来復帰。後半、
パワフルな動きをみせたことです。
落ち着いたプレーは、必ず今後チームに
プラスとなってくれるはずです。
次節名古屋は、ダニルソン選手にとって古巣。
きっと燃えていることと思います。

次節、6月2日(木曜)
ホーム、名古屋戦。熱い声援を送りましょう!

沖 繁義
Shigeyoshi Oki

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます