KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 沖 繁義 > Q&A

Q&A

Q1:アナウンサーになって良かったと思った事は?

4、5年間、深夜のラジオのパーソナリティをしていたんですが、そこで、さまざまなリスナーの方と、放送やイベントを通じ、触れあえた事ですね。受験生を応援するため共に登山をしたり。突撃で何千人とインタビューしたり、リスナーの方の家で家庭教師企画したり、毎週のように様々な中学高校などを訪問、取材を通しての出会いが、自分にとっての、かけがえのない財産です。スポーツでは、いろんなアマチュアスポーツ、プロスポーツを通して、選手達の熱い想い、熱いドラマを感じることができたことです。何より、いろんな方との「絆」ができたことです。

Q2:アナウンサーとして、特に心がけていることは?

言葉。小中高校と、ずっと野球部。「先輩、そうっすか。」「まじっすか。」「失礼します」を「失礼しやっす。」と、野球部言葉がでてしまう事ですね。よくアナウンス部の先輩方に、真似をされてしまっています(笑)。野球部しゃべりをせず、丁寧な言葉をしゃべること、基本ですが。あとは、よく仕事をし、よく遊ぶことです。「遊び心」が役に立つのです。「いつか遊びがものをいう。」

Q3:ご自分の長所・短所は?

長所は、「田舎者」。なんじゃそりゃて感じですが...広島のかなりの山奥で育ちました。実家では、牛を飼い、鴨を飼い、田んぼではお米を作っている農家です。隣の家まで100メートル。最寄のコンビニ20キロ。信号はありません。吉幾三の「オラ東京さ行くだあ」の歌詩のような故郷。そこで培った、筋金入りの「田舎魂」です。
短所は、小学校の頃からですが、通知表に「おちょうしもの」と...。

Q4:尊敬する人物は?

坂本 竜馬

Q5:新年度の抱負をお願いします。

福岡に来まして、早4年。今年こそはホークスに日本シリーズに出場してもらいたいです!去年プレーオフ、所沢、札幌と行き、パリーグ制覇目前で敗れた思い、悔しさ。そのすべてを選手たちには晴らしてもらいたいです。選手とファンの歓喜が一つになった、まさに最高の瞬間を伝えることができたら幸いです。今年もよろしくお願いします。

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます