KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 奥田智子 > 日記

奥田智子|奥田智子のボタニカルライフ

凛々しすぎるトップスター

2018/05/14

宝塚花組博多座公演は5月26日まで。

後半はレビュー・ファンタスティーク Sante'!!
博多座が熱気であふれかえっています。

ロビーも、グッズを買う人の波、波、波。

客席は超満席。そして、
オペラグラスをしっかりと握りしめて、準備万端。


今や宝塚歌劇団全5組の筆頭「花組」のトップスター、


明日海りおさんが、



そのすらりとした立ち姿を表した瞬間、

“きゃ〜”とも、
“わぁ〜”とも

聞こえるため息が客席を包んで、
生唾を飲み込む音まで聞こえそうです。


入団15年目とはいえ、
清涼感とスリムなシルエットはそのままに、
大海人皇子を演じる、りお様。

後半は、待ってましたのレビュー。

三つ揃え姿で、大階段を飾る群舞は
まさにため息が漏れます…。


足が細くて、顔が小さくて、
まさにバービー人形!

この1月に、宝塚悲願の舞台化、
萩尾望都原作「ポーの一族」で
美少年エドガー・ポーツネル役を大成功の裡に
演じきった不世出の美貌は、
博多座の大舞台では、オペラグラスでのぞかないと
もったいないですなあ、これは。

前半の
「万葉ロマン あかねさす紫の花」は
16日から配役が変わり、
明日海りおさんは中大兄皇子を演じます。

残念ながら、チケット完売との事。
中洲大洋で行われるライブビューイングも
チケット完売だそうです。

知らなきゃよかった!



奥田智子
Satoko Okuda

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます