KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 奥田智子 > 日記

奥田智子|奥田智子のボタニカルライフ

蕎麦屋

2019/01/18

野間にある「彦」

この日は、北海道産 丸実

今日はつけ蕎麦だ

カレー屋さんは「日本華麗」という屋号だそうです。がんばってね。
若いころからお蕎麦好きだ。
爺くさい(婆くさい?)といわれても
好きだから好き。

うどんも好きなんだけど、
あの、新そばの何とも言えない香り、
歯離れのいい素朴な噛み心地、

おまけで
体によさそうなルチンたっぷりの蕎麦湯がつくのも
お蕎麦ならでは…。

しかも、福岡は蕎麦発祥の地。
かの聖一国師が持ち帰った水車の技術、
「水磨様」によって
昔から粉文化が花開いていた。


な・の・に・・・


最近のうどんブームに完全に押されて
蕎麦屋さんはどんどん姿を消している。



天気のいい昼下がりに行きたくなる
蕎麦屋があった。


十割そばだ。

さすがにそばを引くのは機械。
石臼がガリガリと長野や北海道産のそばの実を引いている。

そのそば粉を毎朝、渾身の力を込めて打つのはご主人。

注文から待つこと数分、
女将さんが

「はい、最初はこの塩を付けてそばを味わって…」

と食べ方を指南してくれる。

そして、あとはつゆに漬けるのだけれど
本物の蕎麦食いは、
ほんの先っちょを付けるかつけないかで

ズズズズズッ

と威勢よく啜る。

これが、江戸風のそばの食べ方、とどこかに書いてあった。


このあと、蕎麦湯がタイミングよく運ばれて、
心も舌も大満足…

となる。


ある日、お品書きに

「1月21日をもちまして閉店となります」と書いてある。

慌てた。


聞くとご主人、老体に鞭打って頑張っていたんだけど、
次の展開が考えられるうちに
カレー屋さんにメニュー替えするそうだ。

そば粉からカレー粉!?

そういえば脱サラして蕎麦屋を始めたお店が
次々と店を閉めている。



そば打ちはそれだけ重労働なんだ。


カレーもいいけどね。
「食べにくるよ!」って声をかけながら


蕎麦屋を探す流浪の旅をまた始める気がする。







奥田智子
Satoko Okuda

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます