KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 奥田智子 > 日記

奥田智子|奥田智子のボタニカルライフ

頼れるものは?

2008/09/30
アメリカの75兆円緊急金融安定化法案が
下院で否決、
ニューヨークの株式市場は
過去最大の下げ幅を記録した。

アメリカ頼みの日本市場も
深刻な影響を受ける。

麻生総理大臣は、
日本経済を「全治3年」という。

900兆の国の借金。

これから3年・・・ですむのか?
そしてその後は?


大変な時代がやってきた。

世界の宝

2008/09/25
思い起こせば・・・

世界の王さんが
福岡に来てくださる、

信じられない幸運でした。


2度の優勝で見せてもらった
念じれば夢はかなう、という真実。

また、

世界の王も、病には勝てないという真実。

凍えあがるキャンプのベンチ、
いつまでも続く記者の囲み取材に
こころよく答えていらっしゃる
王監督の後姿。

世界一美しい胴上げとともに、
胸に焼きつけておきます。

世界の宝、福岡にありがとうございました。


⇒王監督辞任関連動画 KBCムービーはコチラ




毛細管現象

2008/09/23

こんもり茂った「へちまの森」

小さいプランターはすぐ水があふれてしまう。

花は咲けども、実はならず。

花粉をつけてみるも・・・。

岩波科学百科、数年ぶりに開いた。

毛細管現象って?

これで12時間水遣りから開放だ!

やっとできた、へちま。
緑少ない福岡市内で
ひときわ目立つグリーンベルト。


今や、やぶ蚊も巣くう、へちまの森。

しかし、しょせん根っこのところは
猫の額のプランター。


朝たっぷり水をやっても、
夕方は、もうげんなりしおれている。

“ごめんね、今あげるからね”




この夏、
へちまへの水遣りのため
どれだけ遠出をあきらめ、
目くるめく夏の誘惑をあきらめてきたことか・・・。



これだけ愛情を注いでいるというのに
まだなった実は2本だけ。

゛どうナットルンじゃ!?”



へちまに縛られる生活をなんとかしたいと
ホームセンターに自動水やり機を求めた。

スプリンクラーやら噴霧装置がついて
1万円を軽く超える。

そっと帰ってきた。



そんなある日、
らっきょの空瓶が目に付いた。

“やっ!”

小さい頃、お風呂にタオルをつけて
外に出していたら
水がタオルを伝って外に出ていた。

確か・・・もう、もう、

  「 孟母三遷」?



ちょっと違う。

  もう、
 
  「蒙古襲来」?



えい、遠くなったぞ!

 
 出してきたのは埃だらけの
「岩波科学百科」。



「もう、もう、
      ・・・毛細管現象!」

 
らっきょをつけていた大きな瓶に
水を張り、タオルを裂いて作ったひもを
たらした。


おもしろいように
水は瓶を登って
プランターを潤した。

“やった!”

これで、12時間ごとの水遣りから
開放されたのだ!!
  ・
  ・
  ・
今日は、「秋分の日」

Come back summer !







 



 












悶絶!エリザベート

2008/09/18
悲劇のオーストリア皇后
エリザベートの生涯を
ミュージカルでつづった舞台が
今、博多座で絶賛上演中だ。

いとこ同士の結婚、
姑との確執、
夫との不和、
相次ぐ子供の死、

その中で心を閉ざしていく
美貌の皇后。

ウエストを45cmに保つため、
一日に牛乳1杯と卵1個しかとらなかった、
後年は喪服を身にまとい
扇で顔を隠し素顔を誰にも見せなかった、
などという逸話は
謎と死に彩られた
彼女にふさわしい。


そんな物語を、
この世のものではないものを描かせたら
右に出るものなしといわれる
奇才、小池修一郎さんが手がけて、
舞台はいよいよ怪しい光に縁取られる。

ぬかりはない。


ミュージカルの帝王、山口祐一郎様は
いよいよ深遠な世界に。
大好きな博多座で、絶っっっ好調だ。
浦井健治さんとのデュエット「闇が広がる」は、
禁断の園!ああ、もうだめ!

涼風真世様の、自由自在の音域。
ひれ伏したくなります。

朝海ひかる様のシルエット、
ひれ伏します。

武田真治様のねちっこいトート、
からめとられそうです。




そして・・・
8人のトートの怪しいダンス。
この振り付けがたまらない。

後半、意味もなく着衣を・・・

おーっと、28日が千秋楽!






グレシャムの法則

2008/09/16
“悪貨は良貨を駆逐する”

イギリスの財政家グレシャムの言葉。
(月曜夜7時からの「Qさま!SP」で問題として出ていましたね。)

コンビニやATMで
きれいなお札がまわってきたら嬉しい。
お財布の一番奥にしまいこむ。

結果、くたびれたお札から使うことになる。




連休明けの火曜日。
朝6時25分、
「通勤ラジオ」の出演を控え、
いつものように
自動販売機でジュースを買おうと思った。

「今日はグレープフルーツ味にしようかな?」


お財布の中には
たまたま、小銭がない。


お札は・・・、ある。千円札1枚。
でも、これは・・・

美容院のおつりでめぐってきた
新札も新札、手が切れそうなプレミアム千円札。


これを、出すのか?
しかも、人の手ではなく、
機械に!


「許せない!」

ためらっているうちに
本番が近づく・・・!

ああ!



「バリッ、バリバリバリッ・・・」

無情にも、
虎の子の「良貨」は、
自動販売機という
冷たい機械の中に
吸い込まれていった。
  ・
  ・
  ・
このあと、
無機質な硬貨の重なる音が、
スタジオの廊下に響き渡った。



「次は絶対、機械なんかに新札を渡さない!」


グレシャムの法則を胸に
固い決意でオンエアに望んだのだった。




採血車

2008/09/13
我が家には、車が1台あります。

何の変哲もない車です。

(ときどきヤモリが吹き出し口から顔を出す以外は・・・。)


先日、大雨で汚れてしまったため、
洗車してもらいました。

普通のガソリンスタンドで。
ごく普通に。


「ありがとうございました!」

いつものとおり、丁寧に拭きあげてもらって
気持ちよく乗り込んで、
50mほど進んだときでした。

首筋に、ちくりっ!

「あっ!いたっ!」

でも、ちょうど左折しようとしていた最中、
ハンドルから手を離すことができず
5秒ほど遅れて首筋に手を。


「蚊か・・・」

すでにぷくっと膨れた首筋をポロポリ掻きながら
家路に着いたのでした。



次の日、なにげなく車に乗り込んだときです。
ダッシュボードの周りになにかごみみたいなものが
ふわふわ。

一瞬、またもや飛蚊症が進んだか?と、考えましたが、
昨日の首筋のいやなかゆみを思い出しました。

「飛蚊症じゃなくて、本物の蚊じゃ!」


蚊は今度は顔を正面から攻撃し始めました。

運転している私が身動きとれないのをいいことに、
フェンシング・フルーレ・銀メダリスト
太田雄貴選手のように
前から後ろから、首筋から、足元から
反則お構いなしに攻撃を仕掛けてきます。

運転席の私は・・・当然パニック。

顔の周りにまとわりつくたびに
阿波踊りを踊ってしまう悲しい性。



その蚊は私の血を吸って元気100倍、
これから先もこの車に居座り、
車にわたしが乗り込むたびに

「はい、首出してー、痛くないよー」

とか何とか言って
採血し続けるのではないか?

小市民は不安におののいています。







すわっ!超常現象!?

2008/09/11

あっ!

この黒い点は・・・

右に左に、自由に移動。これは・・・

やっぱり、UFO?いや、

ちびっこ「ミノムシ」のデビューだった!!
我が家のベランダで
気持ちよく
へちまに水をあげていた
昼下がりのことだった。



濃い水色の空に、


んっ?


ごみ?


えっ?飛蚊症?進んだ?



そんな、



じゃ、




なんだ?



ひょほっ!



それは、我が家でうまれた
集団「ミノムシ」の
あかちゃん!

大量発生したミノムシオス、
      ミノムシメス、は

ちゃんと成虫になり、

なすことをなし、

メスは蓑の中で卵を孵化させ、

そのお尻から這い出た子どもたちは、

ちいちゃな蓑をまとい、

秋の高い空に糸をのばし、

気持ちよい風に吹かれて

デビューを果たした!

ああ、なんと


まわる〜まわる〜よ、時代はまわる〜

喜び悲しみくりかえーし

今日はたおれーた恋人たちも・・・



もうえーちゅうに!

母さんは、言葉にできないうれしさに
小躍りしたのだったよ。











お米

2008/09/09

今回の事故米、汚染米の話は
あまりにひどい。

安全な食品を作る日本の農業。
日本で唯一、食料自給率100%の米。

最後の牙城を根幹から覆した。

農水省の責任は重い。

オリーブオイル

2008/09/04
今日、はじめて
「ブギウギラジオ」に
アシスタントとして出演した。


つぶらな瞳のTOGGYさんと、
お話したのはほとんど初めてだ。

と思う。


いや、自信ない。


20数年前、すれ違っていたかもしれない。

TOGGYさんが
****のドラマー***さんだった頃。

「パオ〜ン・僕らラジオ異星人」にコーナーを持っていた頃。



水曜日のオンエアの準備に追われた私と
ぶつかりそうになって、

「おはようございます!」
にこっ!なんて
旧第一スタジオの廊下で
挨拶していたのかもしれない。


お互いに流れた時間は同じだけ。

それだけで、なんとなく懐かしい。



オリーブオイルの話題で
「オー、ポパイ!」
と言ってしまった。

しまった!ばれたか。




背筋が凍る話

2008/09/02
我が家に車が1台あります。

特別変わった車ではありません。

ところが・・・

最近、この車に乗るとき、

背筋が凍るのです。




それは・・・
いつもの通り激しい雨が降ったあとの
湿っぽい夕方の事です。

近所のスーパーに買い物に行こうと車に乗り込みました。
バックミラーにはリアガラスが映っています。

すると・・・そのリアガラスに、
ぬるぬるした黒い物体が
はりついているのです。


ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!





しがないマスコミ関係者根性なのでしょうか?
私はあわてて車を止め、
震える手でバッグの中の携帯をまさぐりました。

ようやく1枚目を携帯のカメラに収め、
もっとよって撮りたいと
大胆にも車から降りて、
車の後ろ側にまわりました。


そして、気丈にも、
その謎の物体に携帯のカメラを近づけて
もう一度シャッターを押しました。

すると、気配に驚いたのか、
謎の物体は、するすると
車体の中に入っていってしまったのです。


ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!





それからというもの、

あの、謎の物体が
足のところから出てくるのか?

ハンドルのところから出てくるのか?

エアコンの吹き出し口から出てくるのか?


背筋が凍る思いがするのです〜〜〜〜ぅ






リアウインドウにへばりついた黒い点。こ、これは・・・!

この直後、謎の物体は車体の内側にするりと身を潜めた。

奥田智子
Satoko Okuda

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます