KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 奥田智子 > 日記

奥田智子|奥田智子のボタニカルライフ

ミス・サイゴンでぐしゃぐしゃ

2009/01/31
実は、この作品を見るのは4回目なのだ。

ああ、それなのに、
出てきたときは、鼻水だらだら、
目はぐしゃぐしゃ…


博多座開場10周年で
3ヶ月ぶっ通しでロングラン公演される
ミュージカル「ミスサイゴン」。

あまりに大掛かりな舞台装置のため、
日本では帝国劇場を出ることができなかった。
実物大のヘリコプター、キャデラック。
日本以外の公演はこの舞台装置をあきらめたため、
いまや、このセットは日本でしか見られない。

ストーリーは、あまりにも悲しい。

ベトナム戦争のさなかに出会った
現地の少女とGI。
ふたりの間に生まれたアメラジアン(ブイドイ)の存在を
新しい妻は知らない。
こどもといっしょに、幸せに暮らせると信じて疑わなかった少女。
2人の間で苦悩するGI。
この子のためなら命をあげようと…。

実際にあったであろうストーリーが、
ドキュメンタリーを見ているかのように迫ってくる。

“アジアの女性が、どれだけ泣かされてきたのだろう。”

ソニンさん、あなたはすごい!憑依している!
橋本さとしさん、サービス精神満点!
岡幸二郎さん、かっこいい!
井上芳雄さん、ラブリーです!
浅野実奈子さん、けなげで強い!
泉見洋平さん、よくやった!

この顔ぶれはもう観られないらしいけれど、
今回だけは、参りました!
年に何十本も観ている私が言います!
今年のベストミュージカルです!(早っ)



みかん断食

2009/01/28

私の行くところ、かなりの確率でこのような光景が見られます。
風邪がはやっている。

今年は、インフルエンザの注射も打ったし、
わたしは大丈夫!

と思っていたら、

急にお腹が痛くなった。

胃がむかむかする、
下腹が差し込むように痛い。
まっすぐ立っていられない。

這うようにして家に帰ったが…
どうすればいいんだろう?

風邪だったらビタミンCだ。
“みかん”だ。

わたしの冬の大好物。温州みかん。
食べ過ぎて手のひらはまっきいろ!
みんなが黄疸か?と息を呑む。


体をくの字に曲げ、お勝手口を開けて
いつものとおり、5個のみかんをほおばった。

“ぐげっ!!”

弱っている胃にきりきりと容赦なく果汁が突き刺さる。

“うっっっっ!”

外に出していたみかんは、冷え切っている。寒い!

わ〜、だめだ〜、意識が遠くなった。

………

胃腸科の先生が言った。
「ウイルス性胃腸炎ですな。
 点滴打っときましょう。
 こういうときは、食べたくなるまで
 なんにも食べんことです。
 みかんは、かえって胃壁を痛めますよ。」


いつまで“みかん断食”をすればいいのか?
点滴のチューブを恨めしく見つめたのだった。






葉室麟さん

2009/01/23

文藝春秋刊 「いのちなりけり」 何度生まれ変わろうとも咲弥殿をお守りいたす。…言われてみたい!
びっくりしたなあ、もうの体験。


ある日突然、朝日新聞と西日本新聞から電話がかかってきた。

「今回の直木賞候補の葉室麟さんが受賞した場合、
 メッセージをいただけませんか?」

「・・・!」

「あの、明日の夜8時くらいなんですけど…」


直木賞受賞の瞬間って、「情熱大陸」で見た事あるぞ。
居酒屋とかで出版関係者に囲まれた筆者が、
固唾を呑んで1本の電話を待っている風景。

「えっ?わ?た?し? な?ん?で?」

「葉室さんが奥田さんを挙げてくださったもので…」

こころあたりはあった。
7年ほど前まで、
KBCラジオのニュース編成を担当してくださっていた方が
おやめになってから小説家になり、
歴史文学賞、松本清張賞をとったという。

「あ〜、☆●さん!」

直木賞候補に挙がったという記事は新聞で読んだ。

でも、わたしが知っている☆●さんは、
ほのぼのしたムーミンのような風体で、
ラーメンをすすっている風景。

しかも、おやめになってから一度も会ったことも話したことも
ないないないないないシックスティーン!(古っ)

「な、なんでわたしなんでしょうか?」
「さあ〜」
新聞社の方も、困惑の様子。


それからというもの、何ものどを通らず
ただただ、運を天に任せて受賞の瞬間を待った。


“こらっ!どっちを期待してたんだ!”


☆●さん、いや葉室さん、
今回は、残念でした。
作品「いのちなりけり」、感動いたしました。
男が、女への愛を
これほど長くプラトニックでもち続けることができると言ってくださっているのですね。
まさに、純愛。感激。ほんとにいてほしい。

次回はきっと、取れます。
がんばれ!
中年の期待の星!

でも…前もって連絡してください。お願いです!

----
▼葉室麟さんの『いのちなりけり』こちらで購入できます。
いのちなりけり

タイ イッタッタイ

2009/01/20

タイ式ヨガは、効果抜群!
30時間の滞在で、
タイに行ってきました。

観光して、マッサージしてもらって
ムエタイ観て、かにカレー食べて、
ゾウの鳴き声を撮って
帰ってきました。

水曜日のパオーンで詳しくお話しますね。

タイに行きタイ

2009/01/16
タイ。

微笑みの国。

祈りの国。

王様の国。

ゾウの国。


あったかい国。ぼよよ〜ん。



何度か行ったんですが、
いい思いでばかり。

1泊3日でバンコク
(正式名は、クルンデ−プ・マハ-ナコーン・ボーウォーン・ラタナーコーシン・マヒンタラアユタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナー・ラーチャターニー・ブリーロム・ウドム・ラーチャニウェート・マハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカティッティヤウィサヌカムプラシット)
に行ってきます。

前回、木彫りのゾウを買って船便で送ってもらいました。

今度は、ゾウの石像?

お土産、買ってきますね。


詳しいご報告は、このホームページと
パオ〜ン水曜日で。

では、行ってきます!

直木賞

2009/01/15
今日、直木賞が発表になる。

がんばれ!
中年の☆!

葉室麟さん。

その姿から想像できない、
格調高い時代小説。

地元のあなたを知る人、みんなが応援しています!

ご先祖様!

2009/01/12
粉雪舞い散る今日、

会社に着いたときに身に着けていたもの、
ダウンジャケット、マフラー、手袋、
厚手のズボン、自慢のユニ●のインナー、
フード付セーター、靴下、ブーツ。

忘れちゃいけない、背中に竹炭入りカイロ。

これだけ着てたら、転がったほうが早い。


こんな日、
わたしたちのご先祖様は、
どうやってすごしていたんだろう。


縄文時代のその日、
裸の体には、鹿の毛皮を巻きつけ、
洞穴で火を炊いて暖を取ったんだろうか?

その火で、
秋にとっておいたドングリとか炒ったり、
一昨日捕まえたネズミをあぶって食べたり、
したんだろうか?


いや、もしかして、
鳥の羽をむしってダウンの布団みたいに
しきつめたかな?

かわいがっている犬を抱いて、暖を取ったんだろうか?



ああ、感動!!


ご先祖様、
よくぞこんな過酷な冬を何万回も生き延びてこられました。


おかげでわたしは今、ぎりぎりここにいます!








いと、あわれ

2009/01/08
●いと、あわれな話@

出先で、


トイレに入ったとき、



ガードルについている
タグを、
前方に見つけたとき。


“前後ろ…逆さや!!”


いくら正月で食べ過ぎていたとはいえ、
おしりより、お腹のほうが出とったんかい!

しかも、違和感なかったし。

  


●いと、あわれな話A

ウエッジウッド破綻?と聞いて思い出した話。

最高に大事にしていた、ウエッジウッドのコーヒーカップ。
2005年の福岡西方沖地震で
もろくも割れてしまった。

でも、あきらめきれず、
破片をかき集めてボンドでつけた。


うまくいった!


たった1mmほどのかけらを除いては…





ウエッジウッドの商品の中でも最高級「ジャスパー」。レリーフが施されています。

目立ちますか…やっぱり。

嗚呼、トラフィック・ジャム

2009/01/05
渋滞…英語名 “trafic jam”。

別に英語でイワンでもいいけど。


皆様、明けましておめでとうございます。

年明け早々、すごい渋滞を見てしまいました。



1月3日、毎年恒例になってしまった親孝行正月温泉ツアーの真っ最中。

九州自動車道を鳥栖インターから植木インターまで、
つまり下り車線を走っていたところ、
広川インターを過ぎたあたりで、すれ違いざまに
上り車線で事故を発見、
すでにパトカーも到着し、
運転手も外に出て、何かやっておりました。
   
   
「大きな事故じゃなかったらいいけど」
   ・
   ・
   ・
その後ろに続く車の列は
植木インターで降りるまで
途切れることはありませんでした。

翌日の新聞を見ると、
なんと、広川−益城熊本空港まで
59`の大渋滞になっていたそうです。

59`ですよ!
時速59キロで走って、
1時間途切れないっちゅうこと!

(ねっ!いいんだよね。これで)



トイレはどうしたの?どうすんの?



この渋滞に巻き込まれた皆様、
本当にお悔やみ申し上げます。


で、トイレは…















奥田智子
Satoko Okuda

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます