KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 奥田智子 > 日記

奥田智子|奥田智子のボタニカルライフ

2009振り返り

2009/12/30
振り返るのは苦手だ。

でも、このまま忙しさにまぎれてはいけないと思うことが、やはり、ある。

今年観た映画でよかったのは、洋画で
「スラムドッグ$ミリオネア」
「This is it」

邦画で
「ディア・ドクター」

演劇は
「引窓」(12月歌舞伎座)
「野田版鼠小僧」(12月歌舞伎座)

テレビドラマは
「刑事一代」

美術展
「国宝・阿修羅展」(なんたってわたしの恋人ですから)
「皇室の名宝」伊藤若冲の動植綵画

貴重な出会い
若田光一宇宙飛行士
 究極のポジティブシンキングに感動!

佐々木昭一郎さん(元NHKディレクター)
 念願の福岡での勉強会が開けました。

竹本住太夫さん(人間国宝・文楽)
 『語り』の奥深さを教えてくださいました!

武藤英明さん(チェコプラハ管弦楽団常任指揮者)
 福岡で300人中学高校生オーケストラに魔法をかけてくださいました!

葉室麟さん(作家)
 来年こそは直木賞だ!

最後にわれらが大先輩、森繁久弥さんのことば
「わたしは、アーティスト(芸術家)じゃない。
 生涯、アルチザン(職人)でありたいですな。」

・・・すばらしい一生でした。お疲れ様でした。

来年の抱負?
ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
やっぱり、
いい作品をみんなと作り出していくこと。
「九州街道ものがたり」を超すような
長寿番組を育てて生きたい。」です!!

皆様!良いお年をお迎えください。

あわただしいご報告

2009/12/23

「ゆりかご」の競演の皆さんと昼食。

老人ホーム撮影現場
年末は忙しいと、相場は決まっています。

だけど…、
ちょっと今年は違います。

もう、すご^−く、超いろんなことがいっしょくたにやって来て、
それも、ひとつひとつが、貴重な経験で、
心の触れ幅が、一方ならぬものがあったわけで…。

まず、ドラマの経験。
1本目は、26日(土)16時半から放送の
ドラマスペシャル「ゆりかご」。

試写会で一足先に見せていただきましたが、
涙なしには観られません。

高田敏江さん、でんでんさん、MINOさんと競演させていただけるという幸運をくださった神様、感謝。


2本目は、2月に放送予定の「福岡恋愛白書5」。
主人公のお母さん役で、熱演しています。

先日のロケの際、今までの人生の中で3本の指に入る
“極寒”の経験をしました。

ガクガクガクガク山本学…

歯の根が合わず、膝頭が震えて
監督がいくら演技をつけてくれても
島田洋七さんに見えました。

そのパニックぶりを、どうぞ、おたのしみに!


そして、20年続いた番組の最終回のナレーション、
27日(日)12:00から放送の
「九州街道ものがたり〜最終回スペシャル」。

収録が終わって、スタジオを出たら
花束が!

“ぐっと・・・・・きたっ!”

身内なのに言うのはなんですが、
見ごたえある、最終回にふさわしい、
いい番組になっている…と思います。
ここまでこれたことに、
感謝です。

ぜひ、ごらんください。

それから、KBCラジオチャリティミュージックソンでは、
24日は一日中、ゆめタウン筑紫野店にいます。

お近くの方は、お寄りください。

あわただしい年の瀬に、あわただしいご報告ですが、
 もう一盛り上がり、がんばりまっす!

放送室

2009/12/15

集まってくれたかわいい後輩たちです。

長い廊下を歩いていたら…
わが母校には、
放送室があります。
だから、放送部員じゃなくて、
放送室員。


ゆうべ、
そこに潜入してしまいました。


あの…
決して、怪しいものではありません。


そりゃあ、
社会人になりたてのとき、
まだ、着れるかな?と
制服を持ち出して、
突然、放送室を訪問したことはありました。

そこにたまたま顧問の吉田先生がいらしたので、

「こんにちは!」
と挨拶したら、ふつうに

「はい、こんにちは!」と返事が返ってきて、

   5秒後に…

「なっ・なんで!?」

のちのちまでの語り草になっています。
(今、同じことをやったら犯罪ですか?)


今回は、そんなゲリラ的な非合法なものではなく、
一先輩として、現役高校生との親睦を深め、
なをかつ、アナウンス技術の向上に
少しでもお役に立てれば…、ということで
顧問の古賀先生にお許しを得て、
“普通の姿で”訪問したのでした。

わたしの現役時代と大きく変わっていたこと、

「エアコンが入っとる!」
(保護者の皆さんの働きかけで、
冷暖房をいれることをかたくなに拒んでいたわが校にも、
ようやく去年導入されたのです。よかったね!)

「机がかわっとる!」
(わたしの頃は、ふたが開いて、
彫刻刀で相々傘、とか、描けてたんです。)

「床から、油雑巾の匂いがしない!」
(わたしはあの匂いが、どうも苦手でした。)

別に建てかえているわけではないのに
わたしのころよりきれいに見えたのは
夜行ったからでしょうか?

夕方すっかり日が暮れてからの訪問にもかかわらず
??才も年下のかわいい後輩たちが
目を輝かせて、放送室に集まっていてくれました。

「福岡高校放送室」の名に恥じぬよう、
マイクの前に立とうと、
箱ひだスカートと棒ネクタイに誓ったのでした。










ツェガエ・ケベデに博士あり

2009/12/10

サイン、写真。選手からの要望に気軽に応じてくれた。

エチオピアの選手いるところに“博士”あり。
12月6日、
気温11℃、くもり。

12時10分、平和台に号砲がなった。

外国招待選手のなかでも、
ひときわ小柄で
くりくりした大きな目を持つ22歳、
エチオピアのツェガエ・ケベデ選手。

157cm、49kgはわたしとほぼ同じ体格。

普通この体型だと、歩数で稼ぐピッチ走法なのだけど、

軽快に繰り出す足は、ストライド走法なのだ。

   
そう、全身がスプリング!


日本人を大きく引き離していることなど
気にも留めず、
ペースメーカーさえもわずらわしそうに振りほどき、
福岡の街を天馬のように駆け抜けた…。

 2時間5分18秒。

世界歴代9位の記録だ。



その日の夕方行われた交歓レセプションで
インタビューさせていただいた。

「ウンコアン・ダッスアッレ!!」

エチオピアの言語アムハラ語で“おめでとうございます”は
こういうのだと教えてくれたのは、
通訳の“博士”こと、若狭さんだ。

わたしたちは、“博士”(髪型からの愛称だと思われます)が仲介する難解な言語を通してしか、エチオピアの選手と意思疎通できない仕組みだ。

だから、たとえケベデ選手が隣にいても、博士がいなければ、
湧き出る疑問、質問を、ぶつけることができない。

「兄弟が13人だと聞きましたが、増えてませんか?」

とか、

「趣味はなんですか?」

とか、

「結婚してますか?」

さえも、聞くことができないのだ。


だから、練りに練った質問をぶつけた。

「エチオピアの大先輩、ハイレ・ゲブレシラシエが持つ世界最高記録2時間3分59秒を抜くお気持ちはありますか?」

…博士のやや甲高いアムハラ語に大きくうなづき、

「:*¥#=+α×◎→!」

少年のような高い声で答えてくれた。

受けて博士のこれまた甲高い日本語は、

「もちろんです。機会があったら出すことができると確信しています!」

でありました。


おそるべし、22歳。
来年も、世界の走りをこの福岡で見せてください!
“博士”も来てね。




これでも演劇部部長

2009/12/04

脚本はな・なんと、スター高橋。高橋徹郎さんです。

わたしの名前は、大原ゆかり。下の名前までつけていただいて光栄です。

それはふって沸いたようなお話でした。

わたしにテレビドラマの出演なんて…!
しかも、台詞があるなんて…。

KBCドラマスペシャル「ゆりかご」。
1時間のドラマに台詞が、

わ・わ・わ・・・・15も!


わたしの役は、市の職員。
中国残留孤児のお年寄りに
老人ホームへの入居をお世話する役です。


先日、台本の読み合わせが行われました。


超緊張して、声がかすれます。


「・・・えー、みなさんはー、」

監督から声がかかりました。

「奥田さん、滑舌がよすぎますね。
 もすこし、力を抜いてください。」

  へへ・・・すみません。

なんたって、本格的なお芝居の台本を手にするのは、
高校の文化祭で「夕鶴」の与ひょう役をやって以来、
ですから!

  力、こもっちゃいましたか!?


なるほど、他の皆さんはちゃんとテレビサイズの声を
出していらっしゃいます。


7日からわたしの出番の撮影です。

レロレロレロレロレロレロレロ・・・

ぶぐばぶ ぶぐばく 三ぶぐばぐ、
あわせてぶぐばぐ、六ぶぐばぐ


やたら、滑舌のいい市の職員が出てきたら
笑ってやってください。

放送は、12月26日(土)午後4時30分からです。
 






奥田智子
Satoko Okuda

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます