KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 奥田智子 > 日記

奥田智子|奥田智子のボタニカルライフ

らっきょやさん

2009/05/25

土つきらっきょ、これで5kgです。

頭とおシリを切り落とし、きれいになるまで皮をむきます。ねばりと根気が必要です。

塩を混ぜて、丸2日間置きます。あとはきれいに水洗い。

あとは、お酢と氷砂糖を火にかけビンの中へ。8kgのらっきょが出来上がり。
今年も、らっきょを漬けました。


しかも…10kg…でっすっ!


もちろん、土つきらっきょなので、
根と頭と皮をのぞいて、8kgぐらいには
なっていると思われます。

もう、塩の分量を10倍にしてだめにしたり、
お酢がなくて、買いに走ったり、
しなくてすむようになりました。

(あっ、容器がなくて少しばたつきました)

8kg皮をむくのに、8時間かかりました。
1kg=1時間ですか!


でも、言い知れぬ達成感を味わうことができました。


「自分で自分を褒めてつかわす」


わたしのらっきょ漬けは、
「気ままにLB」の番組内で
教えていただいて以来。
毎年、量が増えつつあります。

めざせ、らっきょやさん!!


《らっきょ漬けの奥義》

@ごみだし日に皮をむくこと。
 部屋の匂いがすごいことになります。

A指紋押捺の用事があるときは、
 控えたほうがいいと思います。
 指紋がなくなる恐れがあります。



トマトな世界

2009/05/18
トマト…好きですか?

好きな方ならもう知ってるとは思いますが、
最近のトマトの種類…どうよ。


スーパーの野菜売り場は、
いま、さながら世界モーターショー。
外車、新型車、スーパーカー勢ぞろい!!

『今度の土日は、
おそろいでスーパーの野菜売り場へ!!』

ってな感じで
ほんとに驚いたんですから!

スナックトマトに、ラウンドトマト、
塩トマトに、西海トマト、
高リコピントマトに、イオントマト、

はては、
媛姫(ひめひめ)トマト、旨果(うまか)トマトに
甘吉(かんきち)くん

海外の味、
シシリアン・ルージュなんてのもあります。

どれも小ぶりで、どうやら甘いらしい。
(塩トマトは…わかりません。)


もともと、アメリカで
機内食用に品種改良された“ミニトマト界”らしいのですが、
今は、甘さを競って
改良に改良を重ねているようです。



大金持ちになったら、
かたっぱしから食べ比べてみたい!

そんな、でっかい夢を持って
生きてゆこう!


それで…
ミス・ミニトマト、ともいえる、
「アイコ」を、このホームページから
買うことができます。
くわしくは・・・
KBCの太鼓判







ヒンズースクワット

2009/05/12
先日、89歳のお誕生日を
「放浪記」2000回の公演でお迎えになった
森光子さん。

最近は、毎日続けていらっしゃるヒンズースクワットを
一日150回から200回に増やしたそうだ!


“あっと驚く為五郎〜”の体力!!(古典)


数年前から私もまねをして
寝る前に200回のヒンズースクワットを課している。




それは、昨日の夜のこと…

ごみを出しの間も有効に使おうと、
予定通りの行動だった。

エレベーターを待っている間に10回、
乗り込んで1階に下りるまで10回、
ごみを出して、エレベーターが上るまで
10回の予定。


帰り道、扉が窓になっている昇りエレベーターの中、

いつもどおり、元気よく正面を向いて屈伸運動。

すると、3階あたりで、見かけた顔が…。


同じマンションのお父さんが、
エレベーターの前で待っていたのだ。

当然、無防備に。


その前を、

  《21,22,23、…》

顔を真っ赤にして、
丁寧に手までつけて、
まるでつかみかからんとする
すっぴんの私が………通過していったのでした。


“泣ぐごはいねが〜〜〜!!?”


いえ、秋田名物“なまはげ”は、
まだ、来ていないようです。







どんたくシンドローム!

2009/05/05

地下街、そこは、全部が演舞台。これぞ博多っ子の生成工場。

売れるんだなあ、こういうTシャツ。

夜は花自動車。こうして、ファンタスティックな夜はふけていったのでした。
どんたく最終日は予定通り雨。

「通勤ラジオ」の帰り道、
博多座に寄ることになり、
地下街を通った。

そこには、信じられない光景が広がっていた。


演舞台で踊りを披露するこどもたち、
それを見まもる親たち、
なにがなんだかわからずうろうろする人たち、
次の舞台へ移動する思い思いに仮装した人々…。


雨と、地上が交通規制されているため
人並みが地下に流れた。

地下鉄は大繁盛。
中洲川端駅はパレードの見物客と
「石川さゆり博多座公演」の観客とで
まさに芋の子を洗う“ちゃっちゃくちゃら”の状態。


まるで、銀座。

その上、乗客は、

襟足にラメを塗った踊り子さん、

顔の大きさの花を髪に飾った踊り子さん、

ムームーにレイをかけた踊り子さん、

花笠姿で白塗りの踊り子さんだ。


傘の波の中、県警音楽隊の「クワイガーマーチ」が
ぐわんぐわんと鳴り響く。

だんだんと体が熱くなり、
なにかが発酵していくのが分かる。

気がつくと、くらげ踊りを踊っている私がいる。

おかしくない、おかしくないよ、今日だけは。

どんたくシンドロームは、
全治一週間。








奥田智子
Satoko Okuda

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます