KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 奥田智子 > 日記

奥田智子|奥田智子のボタニカルライフ

キーウイーだよー

2010/04/26

上がゴールド、下がグリーンです。私はグリーンが好きです。毎朝これを食べるとシャキッとします!
ニュージーランドから
今年収穫したキウイが届きました。

もう、皆さんの近くのスーパーにも
並んでいることでしょう。

今年のニュージーランドは
雨が少なかったので
糖度の高い実ができたそうです。


あの、茶色いモゾモゾっとした毛を見ると
思わずそのまま口に入れたくなります。

でも、のどに引っかかって
あとが大変なので、
やっぱり剥くか切るかしてください。

むずかしくありません。
あの、
イシキシッ(石木氏)でも
むくことができます。


あの、くず湯をお風呂に入れようとした
イシキシッでもです。

あの、ジャガイモむき器に目をむいた
イシキシッでもです。


ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールと
エイジングに3大パンチを繰り出す
実力派果物を食べるのに
手間を惜しんでいる場合では…ありません。

予感

2010/04/20

VHSテープ、あなたはどうしてます?
デジタルテレビを買いました。
それも、3月30日に。

そう、家電量販店の決算期と
エコポイントがつくかどうか
微妙なデッドラインといわれた3月末を控えた
あのテレビ売り場始まって以来(?)の
うえを下への大騒ぎのさなか、

手元に届くのが4月中ごろになるのが分かっていながら
4月以降も変わらずエコポイントがつく、
4月以降も値段が変わらない、
要するに
なんで今買わないといけないかわからない40型を
買ってしまったのでした。


予感です。

あの喧騒の中、買わないと大変なことが起こるぞって
予感がしたから。

あたるんです。私の予感。
   ・
   ・
   ・
で、やっと来ました。注文の品が。


大きかった。ちょっと。

その上、今までレンガをテレビ台にしていたので
奮発してテレビ台まで買っちゃいました。


せっかくの薄型軽量テレビ。


なのに、テレビ台が重い。大きい。

おまけにテレビの横に積んでいたVHSテープの
置き場所がなくなってしまいました。

さりとて、そのVHSテープをDVDに落とす
気力などどこにもありません。


・・・・・・


もう一度いうと、
『薄型軽量テレビ』を買って、

『重量・かさばり・やっかい・部屋せまい』生活が
やってきてしまいました。


予感は・・・的中したんでしょうか?




片口

2010/04/15
同級生に陶芸家になった人がいます。

高校生の頃は
とにかくがらっぱちで破天荒、
いつもタオルを首に巻いていました。

卒業からしばらくして彼が
窯を開いていると聞きました。
元来、焼き物は好きなので
個展の案内が来るたびに
冷やかしに行っていました。

荒っぽく削られたコーヒーカップは、
唇が当たるあたりにざらつきがあって、
それはそれで強烈な個性を感じたのでした。



最近またまた個展の案内が来たので行ってみました。


「おお、どげんしよるね。」


住宅街にある品のいい画廊に似つかわしくない
大声で私を迎えてくれました。

あいかわらず煮しめたようなタオルを首に巻いて。


そこで、並べられた作品を見て、
ちょっと、
     驚いた。
         でござる。



片口…深めのお皿に注ぎ口がついているものを
片口というのですが、

フォルムといい、色艶といい、
彼の潔さと、精悍さと、時々見せる繊細さと、
辰砂が変容した取っ手のあたりの色の雰囲気など、
息を呑むように、よいのでした。


「ああ、これはね、偶然なんよ。」

なにげなく、彼は説明するのですが…。


まあ、焼き物は偶然の産物、とはいいますが、
努力もなく研究もなく、
ホントに突然、そんなにいいものが
できるわけがない。

このひとつの片口の後ろに、
一体何百個のたたき割られた片口の残骸があるのだろうと
推し量られるのです。


作家が大きくなっていくのを
ずっと見守るのもいいものだなあ。
と、思ったのでした。


気になる言葉

2010/04/12
看板を見て、妄想した言葉。


 「手荒い洗車」・・・*△●×→?!


      お客さん来るかな?


気になる名前を持つ植物。

  
  「鼻水木」・・・◎▼〜@#>


     一青窈さんに失礼だろ!

  
  「スイカづら」・・・&%#∴∞


     どんなかつらなんやろ?

  
   これまた失礼しました=!

めざめ

2010/04/06

湯のみにとりついた、あのこ。。。

のれんのように垂れ下がった、このこ。。。

脱走を試みようとした、あれ。。。

ここにもいたぞ。

ふん。

いけにえのコーヒーの木。

さっそく、日向ぼっこ。
ほんとうに、春が来ました。

わたしんちのこどもたちも、
オンモに出られる気候になりました。


えっ?あっ、もちろん、うちのベランダで
大量繁殖したみのむし3世のことです。


あの、ちゃわんの口に生えていた、あのこです。


天井から目の前にぶら下がった、このこです。


床を這い回っていた、あれです。



室内という最高条件の下、
ぶくぶくと太るだけ太り、
植木鉢の周りにふんを撒き散らし、
コーヒーの木をほとんど瀕死状態にさせて、
とうとう外にほおりだされた、

というのが…真実です。


ぽかぽかな陽気に、
もう大丈夫だろうと、
植木鉢ごと、外に出しました。



正直・・・せいせいしました!



コーヒーの木には悪いことをしたなと思っています。

みのむし10数匹のために、いけにえになった葉っぱは、
見る影もありません。
おそらく今年も実をつけることは
ないでしょう。


たっぷり、養分をあげました。


“ごめん”


そんなこと知ってか知らずか、
メタボミノムシたちは、
早速、お隣の植木に移動、
久しぶりのお日様と、風を、
体中で楽しんでいました。


ああ、春ですね。













奥田智子
Satoko Okuda

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます