KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 奥田智子 > 日記

奥田智子|奥田智子のボタニカルライフ

Is it true?

2010/08/31

うわ〜い!

虹だよ〜

ほらほら、よく見てっ!もうひとつかかってない?
「トイストーリー3」を観てすっかり心温まり、
映画館を出た。

人形が心を持って、持ち主との友情を暖める…。

フルアニメでこれだけリアルに映像を表現できるんだ。
おまけに3Dになったら
実際と区別がつかなくなっちゃう。

なんでもありだなあ〜なんて考えながら。

すると…

映画館の外は、

《豪雨、スコール、篠突く雨》

みんな困り顔で雨宿りしている。



そこに、稲光とともに雷鳴が轟く。

「ぎゃ〜〜!」
「きゃあーーー!」
「近くに落ちてるっ!」

いろんなところから悲鳴が聞こえてくる。


いよいよリアルなのか作り物なのかわからなくなる。


バスに乗って自分ち近くまで来たところで
すっかり雨が上がり、西の空は晴れてきた。

…と、誰かが遠くの空を指差している。

ふとみあげると…


 《きらきらきら*****》



大きな虹が東の空いっぱいにかかっていた。

紫・オレンジ・黄色・緑・青・・・見える見えるぅ。

よーく目を凝らすと、
その虹のちょっと先に、もうひとつ大きな虹が!

《おお!見た人はみな幸せになれる
  
         ダブルレインボー!》


そしてその虹をくぐるように
鳩が北の空に帰ってく。


《きらきらきら***》


ちょっと待ってよ!
これって映画の続き?
ジム・キャリーの
「トゥルーマンショー」みたいに
みんなスタジオの中だったんじゃないの?

“落ち”を探す、悲しき職業病。


完全にリアルとバーチャルが
わからなくなった1日でした。





恐縮です…

2010/08/25
わたしが記憶しているかぎりでも
20数年、KBCラジオにレポートを届けてくださった
芸能リポーター、
梨元勝さんがお亡くなりになった。

なんと、亡くなる2週間前まで
私が担当している「通勤ラジオ」に
レポートしてくださった。

病室にパソコンと電話を引き込み、
苦しげにせきこみながら。

「・・・がんばりますよ!どうもどうも」

が最期の言葉になった。


週刊文春に載せられた回顧録には、
・松田聖子がデビュー前
 平尾昌晃ミュージックスクールの生徒だったとき、
 先生から「らりるれろ」が発音できないから
 歌手になるのをあきらめるように言われたら、
 1週間後、舌の筋を切ってきた。

・「梨元に言いつけるぞ」を流行らせた山城新吾が
 老人ホームで静養中、
 「梨元になにかいおうか?」といっていた。

・麻薬所持で日本でコンサートができずに帰国する
 ポール・マッカートニーに
 「プリーズ シング」と声をかけると、
 ポールがマイクを手に「ラララ〜」と歌った。

などなど…
芸能人の素顔をかいまみせてくれる
膨大なエピソードがつづられていた。

梨元勝さん。

「芸能人のプライベート」という泉を掘り当てた人。

そこに映るのは、
必死に生き抜く、
ひとのこっけいさであり、
愛らしさであり、
いとおしさ、だったのではないでしょうか?

  
心から、ご冥福をお祈りいたします。


p.s.
なを、来週からの梨元さんのコーナーは、
お嬢さんの眞里奈さんにバトンタッチされる予定です。











極楽浄土?

2010/08/18

直径20pはあろうかという大輪です。

仮暮らしのアリエッティか? いえ、母です。
先日墓参りのため帰省した宇佐で
信じられない光景を目にしました。

クスノキのご神木が茂る宇佐神宮の境内、
大きな鳥居をくぐって
玉砂利を踏み踏みすすんでいきますと、
手水舎の奥に池があります。


そこに、じゃかじゃかじゃかじゃかじゃーん!


「なに?これ?」



直径20pはあろうかという巨大な“蓮の花”が
一面に咲いているではありませんか!

それはそれは高貴な薄桃色で
おしげもなく
その花びらをひろげています。

さらにさらに調べてみますと、
これは「大賀ハス」と言って、
千葉県落合遺跡から出土した
2000年以上前の古代の蓮の実、
3粒を
植物学者の大賀一郎博士が育成し、
そのうちの1粒だけが発芽に成功!
1952年、ピンク色の大輪の花を咲かせた、

その子孫を譲り受けた宇佐神宮が
境内の池に植えたところ、
この大群生になった、ということらしいのです。


2000年以上前といえば、
お釈迦様=ゴータマシッダルタが生きていた頃。

そうか!
お釈迦様が乗っていらっしゃるのは
この蓮の花なのか!

   ・
   ・
   ・

2000年の眠りからさめた彼女たちが
なにかささやいてはいないか?


母と二人、しばし耳を傾けたのでした。







かたすかし

2010/08/16
今年は14,15でお盆と1000円高速が重なり、
記録的な大渋滞が予想されました。

そんな中、両親を連れて渋滞覚悟で
宇佐へ、
「墓参り」に…行ってまいりました。


さぞかし混むだろう!
混むに決まっている。
つながっちゃったらどうしよう!


最悪の状況を考えつつ、
水分をひかえて
おそるおそる
筑後小郡インターから一路、大分自動車道へ。


れれれ・・・?


まったく混んでないじゃな〜い?

どうし・た・ん?


じゃあ、今年試験的に無料になった
大分宇佐別府道路はどうだろう?

日出ジャンクションからR400のカーブを曲がって
一路宇佐へ。

まわりは緑と入道雲だけ。
  ・ 
  ・
  ・
あり〜? 
    快適ではありませんか!?

結局、平日とほとんど変わらず
行きも帰りも快適なドライブでございました。

しか〜も、1000円。


情報社会のぽっかり開いた穴。
“逆アナウンス効果”…とでもいうんでしょうか?

来年もこれで行きましょう…っていってると、
大渋滞になったりして(笑)

裏の裏の裏は・・・考え始めると夜も眠れなくなるんですよ(By 三球)










キンチョーの夏

2010/08/13

皆さんのお墓はどこにありますか?

うちのそれは、日本のUSA,
「宇佐」。

日本の八幡宮の一番古いところ、
宇佐八幡宮の近くです。

そこに、あす14日、突っ込みます。

この帰省ラッシュで
ただでさえ混雑するときにっ!

1000円高速である土曜日にっ!

突っ込みます。
突っ込ませていただきます。

また、
16日、笑顔で、みなさまに、会えますようにっ!!

さあ〜今、

2010/08/10
ここ3年、
毎度おなじみ、
マンションの4階のベランダに
集団発育したみのむし君たちを
暖かく観察し続けてきた。

家の中に入り込んで
暖簾のように天井から“ぶら下がったり”、
急須の口に“ぶら下がったり”、
洗濯物に“ぶら下がったり”、
いろいろな“ぶら下がり行為”を
だまって見逃してやった。


冬の間、コーヒーノキといっしょに
家の中に入り込んだみのむしたちの
フンの掃除はだれがやってやったんだ!?

夏の暑い日、
エアコンの室外機の吹き出し口近くに
“ぶら下がり行為”を行った1みのむしのために
冷房をつけずに過ごしたのは、
だれのためや!?


なのに…いままで
その旅立ちの瞬間を、
見届けてやったことがなかった。


先日、
例のベランダで
水遣りをしていたとき、
ふと気がついた。

いつもの茶色いぼろをまとったみのむしが
下ににょろっと伸びている。

もっとよく見ると
蓑の下に、その芋虫系の体がぶらさがり、
 ・
 ・
その下に、
今や飛び立たんとする
おおしき成虫の姿がっ!

おお、
まさに、
白馬のジャンプ台で
日本に金メダルをもたらす2本目のジャンプを待つ
原田選手のようじゃありませんか?

《さあ、今、
   銀河の向こうへ、
     とんでゆけ==!!》

戻ってこんで、よかよ〜〜!




孤独・・・

2010/08/04
最近の痛ましいニュース。

母親が子どもを虐待するだけではあきたらない。
トイレとキッチンに入る扉に
ガムテープをして、
実質監禁状態。

ごみためのような部屋の中で、
水も飲めない幼い子どもたちは、
おそらく数日でなくなっただろう。

「ママー、ママー」と力なくとなえながら…。


113歳の母親と同居していたと見られていた
79歳の娘は、
「弟と暮らしていると聞いていたが、
その後どうしているか知らない。」…と言った。


111歳と思われていた男性は、
自宅の床で白骨化していた。
家族4人が同居しているのに…。


100歳以上のお年寄りの行方不明者が31人。


“親が子どもを育てる”

“子どもが親の最期を看取る”


この、人間の最低限の基本が、
日本人の社会から滑り落ちてしまっている。


孤独にもほどがある。



日本人は、後世になにを語り、
なにを残せるのか?




奥田智子
Satoko Okuda

最近の記事

過去の記事

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます