KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡ソフトバンクホークス スタートアップ2018応援パフォーマンスDVD

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

さすがはドウェイン・ジョンソン、ハズレなし!「ランペイジ 巨獣大乱闘」

2018/05/18

最初はイイ奴だった彼も…

大巨獣になると動きはハチャメチャ!

なにせドウェイン・ジョンソンの演技というか荒唐無稽なアクションが秀逸。

共演はナオミ・ハリスですな。

自分は「バディ物」と受け止めましたが「相棒」は彼じゃないんだな〜。

(c) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
 予告編でもご存知のように、なぜかゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物が巨大になって怪獣レベルにまで成長。大暴れする奴らを無謀にもドウェイン・ジョンソンが止めようとする。

 そうなると「最後はどうやってやっつけるか?」が焦点なので、ポイントはオチだけだな〜と油断していたら大間違い!予想に反する展開で「これって、もしかしてバディ物?」と思える痛快な作品だったのである。

 本来は人間の難病治療に応用されるはずだった「遺伝子操作」だが、悪用すれば動物を「兵器」に変身させることも可能…というアイデアが映画の導入部。

 ただ、コントロールが効かなくなり、巨大化が止まらない怪獣たちは、高層ビル群をぶち壊し、出動した軍隊の装備も蹴散らして進んで行く。

 そこで、果敢に対決を挑むのが「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン演じる霊長類学者。「キョダイカガ、トマラナ〜イ!」なんて言われても、おいおい!そんなことできるはずないだろ!ってシーンの連続だが、元WWE世界王者の最強プロレスラーは体がスゴイだけではなく、演技にも説得力があった。
 
 昔から主役クラスの起用が多い彼だが、こんな荒唐無稽な展開でもこなしてしまうキャラがその理由だろう。

 「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年)」を思わせるポスターと合わせ、往年の大怪獣映画がお好きな方にはおススメの1本だったが、エンディングを迎えるころには、また「彼ら」の活躍が見たくなっている自分がいたのである。

※5月18日(金)から全国ロードショー
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます