KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

実写版ミュージカルの新記録達成は確実!「美女と野獣」

2017/04/20

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
 いまさら説明の必要はないが、アニメ映画史上初のアカデミー・ノミネート(作曲賞と歌曲賞は受賞)作品。1991年のディズニー・アニメーションの実写版である。

 さらに、ディズニー初の劇場ミュージカルとしてブロードウェイでも上演され、トニー賞(1994年)9部門にノミネート。その舞台は日本でもおなじみで、劇団四季による京都公演が現在でも(2017年5月21日まで)行われている。

 そうなると難しいのは「どんな映像にするか」という点。自らがこの作品の熱烈なファンと語る監督のビル・コンドンが、アニメの完璧さを認めるがゆえに「この作品に近づきたくなかった」と語る心境もよくわかる。

 人間のイマジネーションは無限大なので、それを上回る映像を生み出すのは至難のワザ。主役に「ハリー・ポッター」のエマ・ワトソンが決まっても安心できなかったはずだ。

 しかし、想像以上の映像エンターテインメントが展開されているのである。

 ボールルームで野獣とベルが踊るシーンは、オマージュとなっている黄色いドレスを含め、アニメのCGを意識した作り。

 「Be Our Guest」の楽曲でおなじみ「ひとりぼっちの晩餐会」のシーンは準備から撮影、ポストプロダクションを経て完成まで1年間かけるって気合入りすぎ。

 「スター・ウォーズ」のユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ役)や「ロード・オブ・ザ・リング」のイアン・マッケラン(ガンダルフ役)といった主役クラスの名優でさえ「素顔で出るのは1分間程度」という贅沢な起用。

 アリアナ・グランデとジョン・レジェンドがこれでもかと歌いあげれば、エンド・タイトルでセリーヌ・ディオンの歌声も聴くことができるし、アラン・メンケンとティム・ライスのコンビが新曲3曲をご披露とまさに「出血大サービス」。

 スクリーンから「アニメに負けてなるものかオーラ」が伝わってくる。

 ちなみに日本の「実写版ミュージカル映画興行収入ランキング」を調べてみると…
 第1位「レ・ミゼラブル(2013)」58・9億円
 第2位「オペラ座の怪人(2005)」42億円
 第3位「シカゴ(2003)」35億円
 第4位「マンマ・ミーア(2009)」26億円
 第5位「スウィーニー・トッド(2008)」20・5億円
…となっていた(日本映画製作者連盟の資料)。

 大ヒットしたアニメ版から26年が経過していることを考えると「親子で劇場へ」というよりも「じいちゃん・ばあちゃんからお孫さんまで三世代にわたって楽しめる作品」だから新記録樹立は間違いない。「プレミアム吹替え版」もあるし。もちろん大切なのは興行収入だけではないが…。

 なんだか劇団四季が上演するものが実写化されていく感じなので「アラジン」もウケるのではと思ったが、すでにガイ・リッチー監督でプロジェクトが進んでんでいるという。

 そうなると「ウィキッド」がスクリーンで見られるのもそう遠い日のことではないかもしれない。

※4月21日(金)全国公開
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます