KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:HAWKS2017DVD 11月23日先行発売

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

SNSって怖いくらい発達してますよね。「ザ・サークル」

2017/11/09

エマ・ワトソンとトム・ハンクスの共演ってよく実現しましたね〜。

この会社って何かがあるんだけど…。

ルックスは似てるけど、キャラはスティーブ・ジョブズとはまったく違います。

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.
 「エマ・ワトソンはハリー・ポッターのときからファン、トム・ハンクスはダメもとでオファーした」とジェームズ・ポンソルト監督は語るが、名実ともに2大スターの共演となった。

 トム・ハンクスの立ち居振る舞いが故スティーブ・ジョブズ氏のそれを思わせるので、テーマが「ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)」であることはすぐわかる。

 とはいっても、そこはアップルというわけではなくフェイスブックやグーグル、マイクロソフトなどのイメージがミックスされた場所。そこで過剰に発達したSNSによる「監視」や「プライバシー保護」にまつわる危惧が描かれていく。

 エマ・ワトソンは「現実世界でのハーマイオニー・グレンジャー」のようなデキる女の子を演じるが、最初から話がうますぎるな〜と思っていると、案の定そっちの方向に展開する。
 
 どんなにデキる人間でも抗(あらが)えない巨大な存在になっていますよね、SNSは…と問いかけられて思わずうなずいてしまった。

 この作品に登場する「サークル」の悪い活用法が数年後には出現するかも…と怖がらせるだけではなく、いずれのSNSもシステム自体は「技術」であって、その構築・運用・参加すべてに「人間の責任」が伴うことを痛感させられた。

 制作者の問題提起のやり方が上手いのか、劇場を出て頭に浮かんだのが「インスタ映えってそんなに重要かいな?」ということだった。

 ※11月10日(金)全国ロードショー
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます