KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

「荒唐無稽(こうとうむけい)」とはまさにこのこと!「ジャスティス・リーグ」

2017/11/22

前作の続きで「リーグ」を結成することに…。

果たして、ひとつにまとまることはできるのか?

かなり存在感のあるワンダー・ウーマン。

フラッシュ役のエズラ・ミラーも好評価。

レイ・フィッシャーも新人ながら可能性感じます。

バット・スーツの質感がハンパないです!

(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
 物語は、前作「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」を受けて始まる。
 
 スーパーマンはすでに死んでいるので、ベン・アフレック演じるバットマンは、宇宙から迫る巨悪と対決するためメンバー集めに奔走せざるを得なくなる。

 まずはガル・ガドット主演で世界的にヒットしたワンダー・ウーマンが登場。

 ジェイソン・モモア扮するアクアマンは難色を示し、レイ・フィッシャー演じるキャラクターは「とある理由」で特殊な体になっていて複雑な様相。

 早々と参加を決めたのはエズラ・ミラー扮するフラッシュで、彼はやたらと動きが速いが実戦経験はない。つまりは、これってバットマンがヘッド・ハンティングするって話?

 それはどう考えても「荒唐無稽」で、DCコミックスのファンは嬉しいだろうけど、この作品から観始める人にとってはどうどうなんだろうか…。

 ただ終わってみればその心配が吹き飛ぶ、ザック・スナイダー監督の「名采配」だった。
 
 メインキャストそれぞれの性格・能力・心理・置かれた立場・人間関係などが丁寧に描かれる一方、ワンダー・ウーマンのコスチュームや新しいバットスーツの質感をはじめ、SF世界のメカやアクションにも監督の細かいこだわりが感じられた。
 
 劇中、何回か出てくる「スーパーマンは死んだ…」というセリフを深読みして「なるほど、リーグ・メンバーの誰かが、仲間をかばって自ら命を落とすのか〜」と思っていたが、そんなありがちな話でなく「不意打ち」をくらったような展開になる。

 そこで、あの巨悪もいずれは倒されるだろうと安心して見ていれば、メンバーそれぞれの活躍ぶりに集中することができるというわけだ。
 
 エンド・ロールが終わってからの映像は明らかに次回作のヒントで、それはさらに「荒唐無稽」の度合を高めるものだった。映画製作には数々の困難がつきまとうが、ザック・スナイダー監督のさらなる検討を祈りたくなる期待度大の結末だった。
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます