KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島〜祈りの原点をたずねて〜

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

まさにドンピシャな邦題「レディ・ガイ」

2018/01/31

「ワイルド・スピード」のミシェル・ロドリゲスがまさに熱演。

シガニー・ウィーバーは怪しいムード全開で…

「悪い奴を矯正する」って主張するけど…

銃の扱いは「男の時代」に身についているわけで…

そりゃ人間関係もややこしいことになりますわな。

(c)2016 SBS FILMS All Rights Reserved
 原題は「The Assignment」。直訳すると「課題」と出てくる。確かに主人公は「大きな課題」を抱えているが、そのタイトルでは何が何だかわからない。

 本作の邦題「レディ・ガイ」は本質をズバリとおさえた、本当に秀逸なタイトルだ。

 ミシェル・ロドリゲスが演じる主人公がある朝目覚めると、肉体が女になっていた…って、彼女は「ワイルド・スピード」シリーズで有名な女優だから、もともと女じゃん!と思ったあなた、そこがこの映画の最大のポイントなのですよ!

 「彼女」は凄腕の殺し屋だったが、各方面から恨まれていたため、拉致されて性転換手術により「男から女に替えられてしまった」のであります。

 彼女が「男だった殺し屋時代」も特殊メイクで熱演。女にされてしまってからは「体当たり演技」というより、まさに「体を張っちゃっている」のです。このあたりが「R15+(15歳未満の入場・鑑賞禁止)」になった理由かも。

 監督、脚本は「ストリート・オブ・ファイヤー」「ラストマン・スタンディング」「48時間」のウォルター・ヒル。プロデューサーとして「エイリアン」シリーズにも関わった人物。

 彼は「この映画のテーマは復讐だ」と語る。確かに、男には戻れないことがわかった彼女は、そんな仕打ちをした連中に次々と復讐していく。

 性転換手術を施した最も憎むべき医師は、これまた「エイリアン」シリーズのシガニー・ウィーバー。この2大スターの共演は監督の人脈によるところが大きいと思えた。

 ただ、気になる点がないわけではない。映画制作に関する資料の中で「性転換した人間を悪役として描いたこと」「性転換手術を罰のように扱ったこと」への批判があると指摘するインタビューアーに対し、監督はいずれも強く否定し、テーマはあくまで「復讐」だと強調した。

 最近クローズ・アップされている「LGBT」のことを重ね合わせる向きもあろうが、作品を観ていただければ、それとは切り離された「復讐」が描かれていることは一目瞭然だ。

 エンディングはどんでん返しではないのに「そういうことだったか!」とビックリするより「だまされた〜!」と感じた。

 それは「あなたにとって、死ぬよりつらいことは何かな?」と監督から問われたようだった。

※2月10日(土)から「 福岡中洲大洋」などでロードショー
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます