KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

クリント・イーストウッド監督には脱帽!「15時17分、パリ行き」

2018/02/23

幼なじみの3人組を演じるのはすべてご本人!

実際にあったテロ事件をベースに同じ列車で撮影しているので特別な緊迫感が…。

ヨーロッパ旅行中のベネチアでは特に何も起こらず…。

ホンモノの幼なじみだから会話も自然なのよ。

母親役は本物の女優さんが演じています。

(c) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC
 今年の5月31日に日本で言うところの「米寿」…88歳を迎えるクリント・イーストウッド監督の最新作なので期待度MAX。予告編からも緊迫感漂うドラマであることが想像できた。

 あらすじは…ヨーロッパ旅行に出かけた幼なじみのアメリカ人3人組。そのうち2人は軍隊に所属しており、休暇を楽しむ道中でアムステルダム発パリ行きの国際列車(乗客数554人)を利用する。そこに武装した1人のテロリストが乗り込んでくる。三百発近くの銃弾を携(たずさ)えて…。

 ただ、2015年8月に実際に起こったテロ事件にまつわる話の映画化なので結果は分かっている。なるほど、列車内で最初はテロリストの攻勢にさらされるが、3人が力を合わせて立ち向かい、ドンパチ・ドンパチかつドッカ〜ンがあるものの、最後は敵をやっつけてめでたしめでたし。「やっぱりアメリカ・イズ・グレートだぜ〜い!!!」…ではまったくない。想像を裏切る内容だったのである。

 もちろん実話なので列車内での出来事は登場するが、上映時間94分の十分の一程度。残りの9割は主人公3人の人生が描かれ、そのテーマはある意味で日本的な「運命」や「虫の知らせ」といったものなのだ。

 3人のうち2人は少年時代に「授業中に外ばかり見ている」との理由で校長室に呼ばれることもしばしば。やはり不良少年として呼び出されていたもう1人の少年と出会い、友情を育むことになる。

 その後、アメリカ軍への入隊を志望するとか、なぜか格闘技や救命救急の訓練を受けるといった彼らのエピソードが披露される。

 クライマックスのヨーロッパ旅行のシーンでは「何かに突き動かされてアムステルダムに来たんだ」とか「運命に導かれている気がしないか?」といった会話が交わされる…。

 そうこうしているうちに3人組は運命の15時17分、パリ行きの国際列車「タリス(Thalys)」に乗車。テロリストと出くわすシーンはやけに説得力と臨場感があると思ったら、驚いたことに大人になってからの彼らは、なんと本人たちが「演じていた」…というか、実際に起きたことを自ら「再現」しているのである。

 しかも銃で撃たれて負傷したものの生還した人物まで登場して同じように床に倒れこむ。「ビックリ仰天ニュース」的なテレビ番組の再現シーンの連続なのだ。

 出演俳優のオーディションは行なわれたが、どうもしっくりいかないので「本人にやってもらうのがいちばんいいか!」って感じでイーストウッド監督が決断したという。まさに巨匠ならではの「嗅覚」だ。

 イーストウッド監督の新作情報として、90歳で逮捕された麻薬運び人レオ・シャープの人生を映画化する話が入ってきた(The Tracking Board)。しかも自ら主演・監督・プロデューサーを務めると聞いて「いったいいつまで現役生活続けるの?」と感じると同時に、これも実話なので、いやがうえにも期待が高まるのであった。

 ※3月1日(木)から全国ロードショー
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます