KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

劇団四季『恋におちたシェイクスピア』は予測不可能な展開ですぞ!

2018/12/27

撮影:阿部章仁
 「スランプに陥ったシェイクスピアが悩んでしまい新作が書けなくなる」という設定に加え、終始ハチャメチャな物語が展開されるのに、エンディングでは言いようのない感動に包まれる…そんな不思議な作品だった。
 
 この『恋におちたシェイクスピア(原題:『Shakespeare in Love』)は、アカデミー賞7部門を獲得した同名映画(1999年日本公開)をベースに、リー・ホールの脚本で2014年にロンドン・ウェストエンドで上演された。

 今回、その舞台脚本に基づき、ロンドン版とは異なる“オリジナルの演出”が施されて今年6月に東京で日本初演を迎え、福岡・キャナルシティ劇場に登場。劇団四季としては2006年初演の『鹿鳴館』以来12年ぶりとなる新作の台詞劇(ストレートプレイ)となった。  

 ストーリーを大雑把に言うと「劇中ではウィルと呼ばれる主人公のシェイクスピアはスランプの真っ只中。新作の台本がまだ完成していないのに出演者オーディションが始まってしまう。そこにトマス・ケントと名乗る青年が現れるが、実は男に変装した資産家レセップス卿の娘であるヴァイオラだった。女性が舞台に立つことは公序良俗に反するためご法度の時代。しかし、演劇を心から愛する彼女はモノローグ(独白)を完璧に演じて見せ、ウィルはその才能に惚れ込む。ケントを追ってレセップス卿の館まで来たウィルは、たまたま本来の女性の姿に戻っていたヴァイオラに一目ぼれし、館のバルコニーの下から愛の言葉を投げかける。これをきっかけとして、あの名作“ロミオとジュリエット”の筆が進むようになり…」。ねぇ〜、ハチャメチャでしょ?

 “オリジナルの演出”も秀逸だが、ステージ上の俳優の表情や一挙手一投足からも目が離せない。

 「緩急をつけた動きだけで笑いを誘う」「意味のない笑みを浮かべて何かあると思わせる」「別の登場人物のセリフの間も気になる仕草をする」…などなど。

 特にケントがヴァイオラへまたケントへ…つまり男性・女性・男性へと変身するシーンの早業にはビックリだし、ある理由で“裏切り者”となる人物の心の動きは、照明だけで表現されると言っても過言ではない。至る所に舞台芸術の面白さがちりばめられていた。

 時代背景としてイギリス演劇が大きく発展したエリザベス朝が描かれ、多くの実在の人物が登場するので、そういった人々の素性や人間関係を頭に入れておけば2倍も3倍も楽しめるだろう。

 劇中劇として演じられる『ロミオとジュリエット』のシーンは、映画版ではグウィネス・パルトローとジョセフ・ファインズがカット割りで交互に映し出されるが、劇団四季版ではアッと驚く舞台上の演出が待っている。

 そしてクライマックスを迎えると、これでもかのどんでん返しの連続、泣いて笑ってホッとして、まさに「喜怒哀楽」の全てを体験できるのだ。

 エンディングは、やはりシェイクスピア作品の『十二夜』はこういういきさつで出来上が-りました…と示唆して照明が落ちる。そこには『ハムレット』『ヴェニスの商人』『ヘンリー四世』といった作品を舞台で観たいと思えるほど「シェイクスピアを身近にする」余韻が残るのだった。

 ※福岡・キャナルシティ劇場にて2019年1月6日(日)までの上演。当日券のお問合せは、劇団四季 福岡オフィス(092-292-1160)まで。
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます