KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

主人公に「憑りつかれた人たち」が作った奥深い作品。

2016/11/26

「当時、人々は彼を笑いものにしたが、レコードは売れ続けているなんて最高だ」と語るイーサン・ホーク。

©2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited.ALL RIGHTS RESERVED.
 ひと言でいえば「1950年代のウエストコースト・ジャズを代表する天才トランペッター&シンガーのチェット・ベイカーの伝記映画」。…なんだけど、どんな説明も陳腐に聞こえてしまう完成度なのが、現在KBCシネマで公開中の「ブルーに生まれついて(原題:Born To Be Blue)」です。

 「伝記映画=ちょっと退屈」と考えるあなたのために、監督のロバート・バドローがいくつかの「演出」で映画の中に引き込んでくれます。

 たとえば「モノクロとカラーによる場面展開」。そして「モダン・ジャズの帝王」と称されるマイルス・デイヴィスの人間性をも疑問視させる過激なセリフの数々(事実だとしても)。

 ただ、今回の「ブルーに生まれついて」の原点となった「Dream Recording(03)」を皮切りに、2009年にはチェットの謎の死を扱った短編「The Deaths of Chet Baker」まで手掛けるなど、彼にのめり込んだ監督だからこそできる仕事なのです。

 そして、肝心のチェットを演ずるイーサン・ホーク自身も彼にまつわる映画制作を模索していた時期があったと聞いて、なんだか「憑りつかれた人」って多いんだな〜と思いました。

 イーサン・ホークが披露する「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」「レッツ・ゲット・ロスト」「虹の彼方に」「ボーン・トゥ・ビー・ブルー」など、唄の上手さが映画評で話題になっていますが、演技もスゴいです。

 チャーリー・パーカー主催のオーディションに参加した時のくだりは、本来「再現シーン」になるところをセリフで「説明」するのですが、その場面がきちんと頭の中に浮かんでくる説得力。

 そして、麻薬で身を滅ぼした彼が奇跡的に復活を果たし、ディジー・ガレスピーのプロモーターであるダニー・フリードマンが登場するあたりから「最後はどうなるんだろう…」というハラハラ・ドキドキの展開。もはや「伝記」の域を超えていくんです。

 チェットが亡くなる前の年(87年)にブラジル出身のピアニスト、リッキー・パントージャと共演したCDを改めて聴いてみると、とても麻薬で息も絶え絶えになったとは思えない名演奏だったし、ライナーノーツにある自筆の手紙の筆跡が几帳面で上手かったので二度ビックリでした。

※この作品は「R15+指定」となっています。

衝撃的なラスト!さらに衝撃的な事実もあってビックリ!!

2016/11/18

一歩間違うと犯罪者に…という危うい役柄のエミリー・ブラント。

「ワイルド・スピード」の新作にも出演していたルーク・エヴァンズ。みんな怪しく思えてくるのです。

どうも訳ありのヘイリー・ベネット。「荒野の七人」のリメイク版「マグニフィセント・セブン」にも出演が決っています。

(C)Universal Pictures
 原作は「NYタイムズ」のベストセラーで21週ナンバーワン&77週間ランクイン、イギリスの「サンデー・タイムズ」でも30週ナンバーワンで、45ヵ国で空前のベストセラーとなったミステリー小説。オバマ大統領の夏休みの読書リストにも入っていた「ガール・オン・ザ・トレイン」が映画化されました。

 主演は「プラダを着た悪魔」でメリル・ストリープのアシスタント役をやっていたエミリー・ブラント。最近も「オール・ユー・ニード・イズ・キル」や「スノーホワイト/氷の王国」などに出演してますね。

 彼女の日課は通勤電車の車窓から、ある家を眺めること。なぜかその家のベランダで展開される「不倫現場」を目撃し、殺人事件も起こります。

 さあ「殺人犯は誰か?」となりますが、主要登場人物が少なくて「容疑者」は彼女を含めて5人。それぞれの秘密が明かされていくうちに衝撃的なラストが…となります。

 しかし、この原作が大ヒットしたのは「犯人捜しのミステリーだからではない」ことがわかってきます。

 作品に出てくるアメリカ社会が抱えている数々の問題…「不倫」「不安定な婚姻」「子供をめぐる親の生き方」「過剰飲酒」「DV」「嘘」といった要素が読む人の琴線に触れ「これって展開すごいんだから、一度読んでみたら」と周りの人に薦めたくなってしまったからだと思います。

 主演のエミリー・ブラントは「ある理由」で部分的に記憶を失ってしまう上に、ストーカー行為をする自分を嫌悪するシビアな役を完璧にこなしています。

 彼女が2018年公開予定の「メリー・ポピンズ」の新作続編で主役に抜擢されたことは、50年前に映画館でジュリー・アンドリュース版を見た自分にとってかなり「衝撃的な」事実でしたね〜。

 ※11月18日(金)から全国公開中

キャラクター・ストーリー・アクション、そして「宣伝」からも過剰演出を排除した名作。

2016/11/17

c 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
 作品の情報提供が重要なことは理解していますが「これでもかこれでもか」と内容を説明されて、劇場でギャップに驚く…なんてこと、ありますよね。

 ただ、4年前に公開された「アウトロー(原題:Jack Reacher)」の続編「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」は、逆に「重要な登場人物が事前に明らかにされていない」ところに好感が持てました。

 ネット上で2分25秒の予告編もチラシも再確認しましたが、その「重要人物」はやはり露出していない。これが大正解です。

 トム・クルーズが演じるジャック・リーチャーは、アメリカ軍の元秘密捜査官で現在は一匹狼ですが、過剰なスーパーマンではないから感情移入できるし、ストーリーもツッコミどころのない引き締まった展開。

 驚いたのは、スタント・コーディネーターがウェイド・イーストウッドなる人物で「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」も手掛けている!

 その割に過剰なアクションがないのはエドワード・ズウィック監督の「トムは難しいスタントをやってのけているのは確かだが、それらはすべて現実的な物理法則の範囲内で描かれているんだ」という言葉で納得です。いろんな面で過剰な演出がなく、説得力のある作品に仕上がっています。

 サブタイトルの「NEVER GO BACK」は「決して、戻ってはならない」と訳されていますが、原作は2012年までに17作品が発表されていますので、ジャック・リーチャーは必ず戻ってきます。その時に「重要人物」はどんな設定になっているのか…。

 ※11月11日から全国公開中

「福岡マラソン2016」無事完走いたしました!

2016/11/13

これが時間計測用のチップです。「WITH THE KYUSYU」とあります。

DJルーシーちゃんに作ってもらった「アップル&パイナップル」でギャグりながらゴールしました!
本日(11/13)実施された福岡マラソン2016!なんとか「4時間34分53秒」で完走することができました。

たいへん良い天気に恵まれて素晴らしい大会になりましたね〜。それも沿道で応援してくださった皆さんやボランティアで誘導や給水をしてくださった方々のおかげです。

コースのいたるところで声をかけていただきありがとうございました。皆さんの応援に本当に感謝いたします!

いよいよ日曜日にスタート!「福岡マラソン2016」

2016/11/11

今日(11月11日)は福岡市役所前での「福岡マラソンEXPO」でナンバーカードをいただいてきました。

KBCラジオを代表して出場。

ナンバーは「15566」。マラソン当日は「応援navi」「ランナーズアップデート」で競技の状況をご確認いただけます。

目標タイムは「4時間46分49秒」=「4時間でヨロシク」ってクダラナ〜イ!
 いよいよ明後日、11月13日(日)「福岡マラソン2016」が行われます。車いす競技は午前8時15分、フルマラソンと5・2キロのファンランは午前8時20分のスタート。
 
 私の練習の99%はランニングマシンですから、42・195キロを「屋外」で走るのは、昨年の大会に続いて事実上2回目になります。

 マラソン練習中には、結果を残したスポーツ指導者の名言が頭をよぎります。特に、今年のリオデジャネイロ・オリンピックの水泳で日本シンクロチームとデュエットに銅メダルをもたらした井村雅代監督の言葉「自分の限界を決めるのは自分で、敵は最終的には自分です」…確かに練習中に実感することがあります。

 「もうやめていいいよ」という言葉と「もうひと頑張りしなきゃダメ!」という言葉、どちらも自分の気持ちなんですよね〜。

 「福岡マラソン2016」のKBCテレビでの中継は、午前10時から11時45分まで。沿道やテレビでの応援をよろしくお願いします。

※11月13日(日)大会本番には福岡市西部から糸島市にかけて大規模な交通規制が行われますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

※KBCラジオでの電話リポート(予定)は…09時03分・10時05分・12時03分・12時45分・13時05分

強引にたとえると「米倉涼子にイケメン2人がからむ三角関係」

2016/11/04

ブリジットはかなりキャリアアップをしていますが、仕事中心の生活で…。

おなじみコリン・ファース登場。10年経つと彼にもいろいろあって。

「イケメンIT企業家」もパトリック・デンプシーが演じると、いかにもいそうです。

彼女が働くTV局のスタジオ・シーンは、わざわざセット組んでたんですね。

あることをきっかけにお話は少々ややこしくなっていき…。

こういうシチュエーションでの男同士のやりとりって、すごく難しい演技と思うのですが。

©Universal Pictures
 大ヒットしたコメディ映画「ブリジット・ジョーンズの日記」のおよそ10年ぶりの続編で3作目。サブタイトル「ダメな私の最後のモテ期」が秀逸。英語の原題を知らずに映画館にお出かけください。

 何といっても、ブリジット役のレニー・ゼルウィガーがよくこの脚本を受けたな〜という抱腹絶倒ぶり。しかも「英国王のスピーチ」でアカデミー主演男優賞のコリン・ファースも続投…こちらは彼が原作のモデルですから当然ですが。となると「ヒュー・グラントどうしました?」のご質問は、重要なエピソードがエンディングに出てくるのでナイショということで。

 新規参入のパトリック・デンプシーの「チョイ悪ぶり」も上手い。「魔法にかけられて」の弁護士役が好きだった方にはお勧めです。

 今回、ブリジットはTV局のプロデューサーになっており、OA中に司会者とハチャメチャなやり取りをしますが、なんだか説得力がある。原作者で脚本も手掛けたヘレン・フィールディングって、TV局で働いていたことがあると聞いて納得です。

 しかも、終盤に登場人物が一カ所に集まってバタバタするシーンはもろに「吉本新喜劇」。まさか見てるはずないですよね。

 笑ったあとでホロリとさせる…まあ「典型的なコメディ映画」と思われたでしょうが、登場人物の演技は本当に難しい。

 同じ「お笑い」でも高度なものが求められる作品なので、たとえ話ではありますが、日本では米倉涼子さんクラスの方が配役されるレベル。ただ、ハッピー・エンディングを除いて、ブリジットのセリフは「私、失敗してばかりなので…」なんだな、これが。

※10月29日(土)から全国公開中

いやいやいや〜!ついに買ったよ「夢の九州まるごとビフテキ」

2016/11/04

11月3日の夜6時ごろ。お客さん多かったです〜。

夜の風情もまた違ったものがありますな。

これこれこのお店、TV「サワダデース」で斉藤ふみちゃんが紹介してました。

やっと会えました「夢の九州まるごとビフテキ(税込み1.800円)」!

中野ユキヒロさんとそのお友達。おいしいものがあると皆さんとすぐ仲良くなれますね。
 いやいやいや〜九州をもっと元気にする「九州 肉デス。ガーデン」がついに始まりました。

 昨日(11月3日)は祝日でお客様も多く、お肉の販売ブースに行列ができました。そこで時間をずらして夜の6時頃からいざ出陣。こういう時に夜10時までやっているイベントは便利ですね〜。

 KBCラジオでおなじみ中野ユキヒロさんプロデュースの「夢の九州まるごとビフテキ(税込み1.800円)」をさっっそくゲット!九州7県の厳選ブランド牛肉がひと串になってますから、まさに「牛肉の九州一周旅行や〜」って感じ。

 会場では中野さんがお世話になっている方々とも記念写真をとっちゃいましたよ。

 改めて「お肉ブーム」を実感した「九州 肉デス。ガーデン」。牛肉をはじめブランド肉を生産する方々の苦労話やこだわりを知ると、単に「おいしい肉を食べる」イベントではなく、日本の食文化を考える良い機会になったと、少々大袈裟ですが感じた次第です。

 「九州 肉デス。ガーデン」は6日(日)まで、最終日は午後8時(ラストオーダーは1時間前)終了ですので、どうぞお早めに!

「九州 肉デス。ガーデン」いよいよスタート!

2016/11/02

こちらが中野ユキヒロさんさんプロデュースで九州7県のブランド牛が楽しめる「夢の九州まるごとビフテキ」。こうご期待デス!
 いよいよ今日、11月2日(水)から6日(金)まで福岡市の天神中央公園で九州をもっと元気にする「九州 肉デス。ガーデン」がスタート。
 
 数ある「肉フェス」の中でも「KBCならでは…」の工夫を凝らしたイベントになっていると思いますのでご期待ください。

 ただ単に「肉を食べる」のではなく、それぞれのブランド肉にこだわりと誇りを持った生産者の方々の想いがこもった食材を準備しています。

 KBCラジオでおなじみ中野ユキヒロさんプロデュースの肉料理のほか、九州で生まれた牛、豚、鶏のブランド肉がただ揃うだけじゃなく、九州の人気店シェフが絶品料理へと変身させます。さわやかな秋の一日、ぜひぜひお出かけください。

 
【開催日時】2016年11月2日(水)〜6日(日)
※2日(水)午後5時〜午後10時
※3日(木・祝)〜5日(土)午前11時〜午後10時
※6日(日)午前11時〜午後8時

【ラスト・オーダー】
※各日終了時刻の1時間前です。

【開催場所】
※福岡市中央区天神1丁目・天神中央公園(福岡市役所東側)

【入場料】
※無料

【チケット】
※「肉デス。チケット」&電子マネー限定
※会場内で電子マネーのチャージはできません。
※会場では現金での購入ができませんのでご注意ください(一部除く)。

さらに「九州 肉デス。ガーデン」では夢のビフテキが登場!

2016/11/01

左上から時計回りに、佐賀産和牛(佐賀)、西諸牛(宮崎)、阿蘇あか牛(熊本)、博多和牛(福岡)。

上から時計回りに、鹿児島黒牛(鹿児島)、長崎和牛出島ばらいろ(長崎)、おおいた豊後牛(大分)。

「夢の九州まるごとビフテキ」は1.800円(税込)デス。※写真はイメージです。実際とは多少異なる場合があります。

デモンストレーションの試食会では中野さん(左から二人目)を囲んでおすぎさん達が「肉談義」。
 九州をもっと元気にする「九州 肉デス。ガーデン」では「夢の九州まるごとビフテキ」なるまさに夢のような肉串が登場。九州7県の厳選ブランド牛肉をひと串にしてご提供しちゃうんデス!

 そのブランド牛は「博多和牛(福岡)」「佐賀産和牛(佐賀)」「おおいた豊後牛(大分)」「長崎和牛出島ばらいろ(長崎)」「阿蘇あか牛(熊本)」「西諸牛(宮崎)」「鹿児島黒牛(鹿児島)」。お値段もリーズナブルな1.800円(税込)。

 これだけのブランド牛をいっぺんに食べることができるのも「九州 肉デス。ガーデン」の魅力。

 デモンストレーションの試食会でも「お肉談義」は盛り上がりましたぞ。

「天国のひとくちカツレツ」だけじゃないぞ「唐揚げカルテット」も登場!

2016/11/01

「唐揚げカルテット」で使うお肉は小倉ふる里どり(福岡)・対馬赤鶏(長崎)・耶馬渓おおいた冠地どり(大分)・妻地鶏(宮崎)

「唐揚げカルテット」は税込で800円!
※写真はイメージです。実際とは多少異なる場合があります。

さあ、この人がキーマン中野ユキヒロさん。自ら「唐揚げカルテット」を調理中。
 明日(11月2日)から福岡市の天神中央公園で開催される「九州 肉デス。ガーデン」。

 「天国のひとくちカツレツ」に続いてご紹介するのは「幻の九州唐揚げカルテット」。こちらも会場限定なので、これを逃すと二度と食べられませんぞ!

 登場するブランド鶏は「小倉ふる里どり(福岡)」「対馬赤鶏(長崎)」「耶馬渓おおいた冠地どり(大分)」「妻地鶏(宮崎)」

 「小倉ふる里どり」は、たけのこでおなじみの北九州市小倉南区合馬で育てられている小倉の地鶏で認知度も上昇中。
 「対馬の赤鶏」は自然豊かな対馬の広い鶏舎でのびのび育てられ風味豊かになります。
 「大分冠地どり」は国内初となる烏骨鶏を取り入れた複数品種の掛け合わせにより生まれ、大分県の新たなるブランドとして期待されています。
 「妻地鶏」は在来鶏のロードアイランドレッドを、ストレスを貯めないように120〜150日に渡り飼育します。そのため飼育密度は1平方メートル当り10羽以下に制限。運動がしやすいため肉に締りが出て旨味が増すんですね。

 そして、これら「九州 肉デス。ガーデン」に登場する「九州の食と文化応援隊ブース」の肉料理をプロデュースしてくださったのはKBCラジオでおなじみの中野ユキヒロさんなのです!
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます