KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

「映画のフォースと共にある監督」

2016/12/16

ヒロインは「博士と彼女のセオリー」でオスカー候補になったフェリシティ・ジョーンズ。ディエゴ・ルナ演じる反乱軍の将校によってプログラムを書き換えられたドロイド“K-2SO”も登場。

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
 いよいよ今日(12月16日)から「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が公開される。当初「スター・ウォーズのスピンオフ」という触れ込みだったが、実際は「エピソード4/新たなる希望(1977)」の少し前、具体的に「10分前までを描いた作品」の方が正しい。

 なので、ストーリーは「ほぼほぼ」オープンになっている。それは「エピソード4」の冒頭で宇宙空間を上に流れていくオレンジ色の活字で書かれた「オープニング・クロール(これまでのあらすじ)」とまったく同じ。

 あそこには何と書かれていたか…オッと、これから見るので知りたくないという方は、次のブロックを飛ばしていただきたい。

 「遥か昔、銀河系の遠い彼方…凶悪な銀河帝国の支配に、反乱軍は秘密基地から奇襲を仕掛け、帝国に対し初めて勝利を収めた。さらにその戦闘の合間に、反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功。それは“デス・スター”と呼ばれ、惑星をも粉々にするパワーを持つ宇宙要塞基地だった。そして盗み出された設計図は…」。おおむねこうなっている。

 その設計図をめぐる「ローグ・ワン」なる反乱軍チームの活躍が描かれるが、おなじみのストームトルーパーを筆頭にデス・トルーパー、ショアトルーパーといった新規参入組の戦闘員や真っ白の軍服をまとってスクリーン初登場のオーソン・クレニック将校、そして大トリにダース・ベイダーと充実した帝国軍悪役陣が彼らの邪魔をしまくる展開。

 当然、メカについてもインペリアル・スター・デストロイヤー、TIEファイター、Xウイングファイター、それにAT-ATの「新型」などオールスターが登場。
 
 アクバー提督と思われる人物、いや宇宙人にもセリフがあり、どうすればファンが喜ぶかよくわかっている。極端な話「スター・ウォーズ」と名の付く作品は初めての人でも楽しめる内容で、レンタルで「エピソード4」を見た時の驚きは2倍にも3倍にもなる演出だ。

 監督のギャレス・エドワーズは、2014年にハリウッド版の「GODZILLA ゴジラ」、そして今年の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」と、世界中に強烈なファンを持つ映画のメガホンを連続で取った。前者は「グレムリン」のジョー・ダンテ監督に「昭和29年版以来最高のゴジラ映画」と称賛され、今回も「本家」のジョージ・ルーカスが絶賛したという。

 まさに「映画のフォースと共にある監督」で、その強さはケタ外れと思えるのだ。
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます