KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

期待以上の「キングスマン:ゴールデン・サークル」

2017/12/27

やはり、コリン・ファースが出てくれなきゃ…ですよね。

タロン・エガートンは若い(28歳)のに上手いです。

チャニング・テイタムのキャスティングはイメージぴったり。

ハル・ベリーは今後も活躍しそうです。

そうです。確かにジェフ・ブリッジスです。

(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
 頑固おやじが仕切る「一見(いちげん)さんお断り」の映画版。

 前作を見ていなければ理解できないシーンが続出する。「なぜ、あそこで水が出てくるのか?」「なぜ、動物に銃口を向けるのか?」「なぜ、マティーニを飲んだらペットショップに行きたくなるのか?」などなど…。

 なので、この最新作からご覧になる方にとっては敷居が高い一方、ファンにとっては「よくやってくれた!」というシーンの連発。

 前作の完成度が高いため最新作のハードルも高くなるが、監督のマシュー・ヴォーンが「こんなシーンが見たかったんでしょ!」と言わんばかりの映像のオンパレード。

 特に冒頭のカーアクションはオリジナリティにあふれているし、デジタル合成と思ったケーブル・カーのシーンは後で実写と聞いて「どうやって撮影したの?」という感じだった。

 俳優陣では、タロン・エガートンの「スパイとしての成長ぶり」の演技が際立っていた。ハリウッドでの大作が複数準備されているのがうなずける。

 コリン・ファースがちゃっかり「復活」するのがツッコミどころだが、逆に「その展開を待っていたのよ〜」という気にさせるのが上手い。

 もともと緊張感漂う作風の中で、さらにスパイス役になっているのがジュリアン・ムーアだ。彼女の「ワルぶり」も好きか嫌いかがはっきり分かれる過剰な演出で、デートの場合には注意が必要。

 その悪役とアメリカ大統領との対決の構図を最初は荒唐無稽に感じたが、麻薬問題を単なる「善悪」でくくるのではなく、複雑にからむ社会性を持った題材に仕上げている。ここでも監督の「一風変わった」才能が感じられた。

 今後を予感させる堂々としたエンディングを見て「ハル・ベリーはどんなポジションになるのか?」「チャニング・テイタムの運命は?」と期待が膨らんだのと同時に、その脚本はすでに存在していると思えるほどの「用意周到」な作品だった。

※2018年1月5日から全国公開

ジャッキー・チェンの新作はツッコミどころ満載! 「カンフー・ヨガ」

2017/12/21

「なんでそうなるノっ!(欽ちゃん風)」

お宝をゲットするのが目的なのですけど…。

ロケ地は中国・インド・アイスランド・ドバイと超豪華。

いや〜この大道芸のシーンは笑ったな〜。

インドの美人女優が続々登場!

タイトルにもあるんだけど、突然ヨガをご披露。

(c)2017 SR MEDIA KHORGOS TAIHE SHINEWORK PICTURES SR CULTURE & ENTERTAINMENT. ALL RIGHTS RESERVED
 いや〜久々に「ツッコミどころ満載」の快作が登場。ジャッキー・チェンの最新作で、その名も「カンフー・ヨガ」だ!

 タイトルでお分かりのように、スポーツジムのインストラクターを描く…ってはずがない!今回ジャッキーが扮するのは中国の博物館に勤める考古学者。

 ディーシャ・パターニ扮するインド美人の考古学者や助っ人とともに世界各地で財宝探しにチャレンジするストーリー。

 いろんな意味で驚く演出の連発。インドの俳優ソーヌ―・スード扮する敵役が立派な白い鳥とともに登場するけど、その鳥はストーリーとまったく関係ないとか、路上で大道芸人と絡むシーンは「そんなはずないだろ!」ってギャグがさく裂。

 突然、美人女優のビューティ・ショットがあったかと思えば、人気グループEXO(エクソ)の中国人メンバー・レイがハイエナの集団と追いかけっこするなどやりたい放題。

 ドバイ王室が協力したというカーチェイスシーンも、フェラーリ、ベントレーをはじめランボルギーニやマクラーレンの限定車など、世界有数の高級車だけしか登場させない徹底ぶりなのに、これまた意味もなくジャッキーがある動物と同乗しちゃう。

 最後はインド映画ではお約束のダンスシーンでメデタシメデタシ…って強引な展開。

 でもこれって「なんだか懐かしい」と感じたのはなぜか?そうだ!昭和のクレージーキャッツのノリなのだ!!

 あのころのお正月は家族みんなで映画館に行き、植木等さんをはじめとする「ヘンな大人」の演技で大いに笑い、映画館を出るころには「世の中いろいろあるけど、まんざらではない。明日からまた頑張ろう!」って気にさせてくれたんですよね〜。

 そんなノスタルジーに浸らせてくれるのもジャッキー・チェンの魅力なのだと再認識させられる作品だった。

※2017年12月22日から全国公開。

12月7日(木)の「サワダデース」は、久々の「R50ランチ」!

2017/12/06
 いやいやいや〜久々に12月7日(木)の「サワダデース」に出演させていただきます。

 もちろんコーナーは「R50ランチ」。おいしいものを知っている「アラフィフ」の皆さんにもご満足いただけるグルメが続々と登場!

 一年を締めくくる12月、自分へのご褒美や年に1回の贅沢にピッタリの高級食材が今回の主役なんです。

 福岡市博多区の「ホテル日航福岡」では海の幸の王者「東横綱〇〇と西横綱〇〇」という2種類が登場。素晴らしい「食の取り組み」になること請け合いです!

 そして、福岡市中央区の「ソラリア西鉄ホテル」では「ドクターX」を思わせる鉄板焼きのシチュエーションが登場。

 あなたも大地真央さんと草刈正雄さんのように、高級食材をいただきながら1年を振り返ってみませんか!?

 今回は豪華な食材にもかかわらず、いずれも「コスパの優れたランチコース」のご紹介なのでご期待ください!!

「ホテル日航福岡」で撮影前に細かいところまで微調整。

アップの部分はこんな感じで収録です。

ホテル日航福岡の和食ご担当・宝来利崇さん。お世話になりました!

午後からは「ソラリア西鉄ホテル」に移動して撮影準備。

お肉が美味しそうに焼きあがりました。

真剣な表情の西鉄ソラリアホテルのシェフ・吉冨圭介さん。

人間にはまだまだ未解明なところがあって・・・。 「彼女が目覚めるその日まで」

2017/12/01

彼氏ともうまくいってるし・・・

仲間にも恵まれ・・・

「ニューヨーク・ポスト」紙の記者というステータスもあったのに・・・

或る日突然、信号も見分けがつかないようになってしまう。

家族も心配するが、なす術がない状況に。

症状は悪い方へと進んでいくのでした。

果たして彼女は無事生還することはできるのか?

(c)2016 On Fire Productions Inc.
 失敗しないことで有名な大門未知子でさえ苦戦するかもしれない「病気」がテーマである。

 アメリカでベストセラーになったノンフィクションの映画化なのでベースは実話。原作ではニューヨーク・ポスト紙の女性記者が原因不明の体調不良に襲われ、その後実際に起こったエピソードが描かれる。

 書くのは自分自身のことなのに、前後不覚になってからの記憶はないので、目撃者の証言や治療中に収録された映像をもとに執筆されたという。

 感情がコントロールできなくなり、幻聴を訴え、支離滅裂なことを言い始めるから、まわりの人々は彼女の精神疾患や麻薬使用を疑うが、考えられる限りの検査ではすべて「異状なし」。

 家族や恋人もなんとか彼女を救いたいと努力するが、症状はますます悪化していき…という展開。

 病名は物語の後半で明かされ、日本でも年間1千人ほどが発症していると聞いて驚いた。

 どんなにシビアな症状でも、言葉で書くなら無数の表現方法があるが、主人公を演じるクロエ・グレース・モレッツは、体やセリフを駆使した「演技」でそれを表現しなくてはならない。

 しかも通常は見ることのない症状なので中途半端だと説得力に欠けてしまう。彼女の起用がなければこの映画は成立しなかっただろう。「キック・アス(2010年)」のころから「タダ者ではない!」と思っていたが、まだ20歳と知って舌を巻いた。

 映画の邦題「彼女が目覚めるその日まで」は、ともすると「不幸な病気を乗り越える涙のストーリー」と勘違いしてしまうが、原題は「BRAIN ON FIRE」であり、KADOKAWAから出版された翻訳本(スザンナ・キャハラン著・澁谷正子訳)のタイトルも「脳に棲む魔物」であって、ニュアンスはこちらの方が近い。

 「魔物」とはいってもハリウッド的なCGを駆使した「おどろおどろしい演出」ではなく好感が持てたが、カナダ・アイルランドの共作だったことがあるかもしれない。

 医療技術が進歩した現代でも、まだまだ解明されていないところがある人間の奥深さや、データ至上主義の医療現場の脆弱さを感じるところもあった。なので、いずれは「ドクターX」のエピソードにこの病気が登場するかもしれない。

 ※12月16日(土)よりKBCシネマ他全国ロードショー
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます