KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

アナウンサールーム > 富田薫 > 日記

富田薫|いやいやいやいや〜富田デス。

まさに恐怖映画! 「クワイエット・プレイス」

2018/09/27

まさに「音を立てたら、即死」の異常事態で…。

常に「絶対に音をたてない」というプレッシャーと闘っているのです。

この状況から抜け出そうと思っても、まったく手の打ちようがなく…。

パパ役のジョン・クラシンスキー自身が監督を務めています。

ママ役のエミリー・ブラントが妊娠していることがわかり…。

まさに熱演!

主人公一家の運命やいかに…。

(c)2018 Paramount Pictures. All rights re
served.
 「これってどんなジャンルの映画?」と聞かれると、いささか困ってしまう。ホラーだしサスペンスでもある。サバイバルの要素もあるし「ダーク・ファンタジー」だと思う人もいるかもしれない。

 ただ、この作品を表現するのに便利な日本語がある。その言葉は「恐怖映画」。ほぼ100%の方が、それで納得するはずだ。

 すでに話題になっているこの作品。舞台は荒廃したアメリカのとある場所。そこでは「ある理由」によって音を出すことイコール「死」を意味する状況になっている。

 映画のPRでは「音を立てたら、即死。」とあるが、ズバリその通りで、冒頭の数分間(もっと長く感じる)は、咳払いもできないような緊張感が漂っていた。

 主人公一家の会話は主に「手話」。自宅の周りには砂をまいて裸足で歩き、音をたてないように工夫している。居室には防音が施され、密閉された空間であれば、ひそひそ話程度はOKだ。

 とはいっても「調理とか食事の時はどうするの?食材の確保は?」というツッコミを予想して「なるほど、そういうことね〜」と納得できる説明が行われる。

 そんななか、この家族の一員でエミリー・ブラントが演じる人物が妊娠していることがわかる。ちょっと待った!赤ちゃんは「泣くことが仕事」のようなもので、いくら防音しても、背中にスイッチがあるかのごとくベビーベッドに寝かせたとたんに泣き出すような存在。これはいったいどうなってしまうんだ!?となるが、物語は意外な展開に…。

 このあたりから私生活でもエミリー・ブラントの夫であるジョン・クラシンスキー演じる父親と子供たちとの「人間関係」にスポットがあたる。

 子供の扱いに難儀する父親、その父親を遠ざけようとする子供。永遠に分かり合えないかも…と思わせる関係は、我々の日常にもあるはずだ。

 そして、死につながる「ある理由」を排除する方法がわかったところで物語は突然終わる。まさにカットアウトなのだ。見ている方は「エッ!これからが見どころじゃないの?」と狐につままれたようになるが、我に返るとこの映画の本当のテーマがわかってくる。

 それは親子の情愛であり、よく言われる「親の愛は海より深く山より高い」というお話だったのだ。「その後」を描いてしまうと典型的な「B級映画」になってしまい、アメリカでの大ヒッにはつながらなかっただろう。

 見終わって、日本の「最近の親子関係」を調べてみたくなり、2017年度の児童虐待の相談件数が13万3778件で過去最悪(厚生労働省の調査)というデータに行き着いた。

 そんな日本の怖さを再認識させられた点でも「恐怖映画」だったのである。

 ※9月28日(金)から全国ロードショー

訳せば「高層ビル」ですが、高さが半端ないって…「スカイスクレイパー」

2018/09/20

どう考えてもCGなのだが、ドウェイン・ジョンソンの表情と演技によって引き込まれて…。

舞台となる“ザ・パール”の設計が素晴らしい。

まさに危機連発!「そんなことできるはずないだろ!」ってシーンもドウェインが演じると説得力があって…。

ビルが狙われるのは、そのオーナーに原因があるようだが…。

救うのは家族だけではなく、ビルのオーナーも、ビルそのものもあとハードルが高くなって…。

犯人グループの目的がなかなかわからず不気味な感じが…。

(c)Universal Pictures
 この映画を表現するのにピッタリな言葉があるが、ネタバレになってしまうので使うのをためらっていたところ、監督のローソン・マーシャル・サーバーが作品資料に堂々と書いていたので安心して引用させていただこう。

 それは「ダイ・ハード(88)とタワーリング・インフェルノ(74)を掛け合わせて、舞台を香港にする」だ。

 香港に建てられた舞台は、地上240階、高さ1,066メートル…つまり最上部は1キロの上空というとんでもない超高層ビル“ザ・パール”。

 このビル自体が“もうひとりの主役”のようにきちんと設計されており、風力発電装置・居住区間・天空庭園など、建築学上いかにもありそうなデザインで、専門のアドバイザーがいるのは間違いない。

 そこに登場するのがドウェイン・ジョンソン。危機管理コンサルタントとして“ザ・パール”の警備体制をチェックしているが、元はFBIの人質救出部隊のリーダーだった人物。冒頭に描かれる彼の作戦ミスが転身の理由だったとすぐわかる。それはトラウマとなり、その後の彼の人生にプレッシャーを与え続けるのだった…。

 そんな中“ザ・パール”が謎の犯人グループに襲撃されて火災が発生。タイミングの悪いことにというか、話は盛り上がるのだが、彼の妻とふたりの子供がビルの中にいて、燃えさかる炎によって上へ上へと追いつめられていく。

 ここから大救出作戦が始まるが、それは犯人グループとの直接対決を意味し、彼を疑う警察も加わって危機また危機の連続。映画の宣伝に出てくる「パパ飛びまあああああっす!」のシーンはその一つでしかなく、最後まで四面楚歌が続くのである。

 立派なのは、アクションシーンが満載になればなるほど「つぎはぎだらけ」になりがちだが、その展開にはまったく無駄がない。

 最新鋭の消火設備があるのになぜ燃やせるの?という疑問にこたえる犯人グループの「やり口」にも説得力がある。そもそも彼らの目的は何か?が終盤になるまでわからない。

 さらに極めつけはクライマックスで、彼は冒頭の作戦ミスとまったく同じシチュエーションに追い込まれる!過去の2つの大作を足して2で割った安易な作品ではなかったのである。

 いやが上にも続編への期待が高まる中で、“ザ・パール”のオーナーのこのつぶやきは聞き逃さなかった。「もう一度建てればいいさ…」。

 ※9月21日(金)から全国ロードショー

久々の“正統派”サメ映画「MEG ザ・モンスター」

2018/09/05

いや〜まさに「安定」のジェイソン・ステイサム!

海中での撮影は実写とデジタルのミックスだが、きちんと「ホンモノ」に見えるから緊迫感があって…。

娘役のソフィア・ツァイ(10歳)の演技は「小気味よい」って感じ。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.
 レンタル・ビデオ店に行って「サメ映画」を探してみよう!

 あるわあるわ、まずはヒット・シリーズになった「シャークネード」。シャーク+トルネードで、ハリケーンの渦とともにサメの大群がロサンゼルスの街に降り注ぐというとんでもない話なのに5作もある。

 そして、やはり4作あるのが「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」にはじまる「VS」シリーズ。巨大なタコやワニと闘うのは当たり前。しまいには「メカ・シャーク」なるロボットザメと対決だぁ〜って、それじゃ「ゴジラVSメカ・ゴジラ」じゃんとツッコみたくなる。

 そんな感じで、最近の「サメ映画」はギャグ路線を狙っているのでは?と思えるものがほとんどだ。なぜなら、ハリウッドのプロは、1975年のスティーヴン・スピルバーグ監督による「JAWS(ジョーズ)」を超えられないとわかっているからだ。

 前置きが長くなったが、この作品はそれに真っ向から勝負を挑んだ「正統派サメ映画」で、しかも、なかなかの闘いっぷりを見せてくれるのである。

 タイトルの“MEG(メグ)”とは、200万年前に実在した深海に生息する巨大ザメ“メガロドン”の通称。

 その体長は23メートルで、ジョーズの3倍以上ある史上最大の巨大ザメ。エサはクジラで、咬む力はティラノサウルスの6倍以上あったといわれている。

 絶滅したと思われていたが、ある理由で人類の前に姿を現すと、案の定これで金儲けしてやろうと考える輩が登場。捕獲しようとするがうまくいくはずはなく…というストーリー。

 主人公のレスキュー・ダイバーを演じるのが「トランスポーター」「エクスペンダブルズ」でおなじみのジェイソン・ステイサム。こういったアクションものはお手のもので説得力がある。

 彼と一緒に海に潜る海洋研究所の責任者が「トランスフォーマー/ロストエイジ」にも出演していた中国女優のリー・ビンビン。この二人の人間関係が絶妙で、この先はどんな展開になるのか…と期待させる描き方だった。

 やはり中国・上海出身のソフィア・ツァイは10歳ながら立派な演技。そしてドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」のヒロ役でおなじみのマシ・オカの姿が見られたのも収穫だった。

 2000人ものエキストラが動員された中国・海南島でのシーンは、これまでのハリウッドにはないテイストで、あたかもテーマパークのアトラクションのよう。このあたりが面白さを増幅させる演出になっている。

 原作はスティーヴ・オルテンのベストセラー小説が基になっているが、彼の「サメ小説」はさらに5冊あり、これから第2、第3のMEGが登場する予感がしたのだった…。

 ※9月7日(金)から全国ロードショー
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます