九州朝日放送

採用情報 ~KBC RECRUITING SITE~

職場紹介

放送局の仕事は、「職種のデパート」と称されるほど多岐にわたっています。
職場によって勤務時間から服装まで実に様々です。(2018年11月1日現在)
  • 社長室

    企業経営全般や、放送・通信をはじめとする最新技術についての情報収集、調査・分析、はたまた業務提携先の開拓や新規事業への参入など、市場や業界の動向を分析し、経営コンサルタントのような役割を果たします。

  • メディア工房

    次の世代に必要な技術やサービス分野での動向を見極め、社内外をつなぐ役割を担います。同時に、オールKBCでイノベーションに挑戦するため、関係各部と連携し様々なトライアルを推進しています。

  • 視聴者広報室

    社会的な影響力を持ち、公平性が求められる放送局として、視聴者・リスナーからのご意見を伺う部署や、視聴者の皆さんの信頼を損なわないため、コンテンツやCMを考査し、チェックする職場があります。

  • 総合編成局

    視聴率と営業収入を最大化する番組表を作成する「テレビ編成部」。コンテンツの価値向上につながる戦略を立てる「メディア戦略部」。各自治体や企業、組織、個人などと地域の新たな活力を共に創る「地域企画部」。また局の顔である「アナウンス部」もここに含まれます。

  • ラジオ局 NEW

    「沢田エグアナ」を擁する「パオーン」や、福岡の朝を川上流に聴かせる「朝からしゃべりずき」などを制作・放送。またホークス戦も全試合放送するなど。自社制作率も70%を超える地域密着メディアです。

  • 報道局

    九州・福岡の事件・事故・政治・文化・経済など。あらゆる事象を取材し、正確に、迅速に、ニュースとして伝える記者やカメラマンがいるところ。韓国ソウルや中国北京にも海外特派員として赴任することもあります。

  • コンテンツ局 NEW

    「アサデス。」「ドォーモ」など番組を手がけ、取材対象をただ表層的に撮るのではなく、「ひとひねり」「ふたひねり」して、面白いと思わせることを日がな1日、考えている職場です。

  • テレビ営業局 NEW

    収益の大部分を占めるテレビの広告収入を増やすため、広告主や広告会社との交渉や制作サイドのとの調整をしたり、訴求力のある企画を考えたりする職場。飲みニュケーションとともに企画力も必要です。

  • 技術局

    放送設備及び情報システムの企画・運用・保守・管理に関する業務を担い、放送の根幹を司る職場です。

  • 東京支社

    支社の中では一番大きい東京支社。本社と緊密に連携して、テレビ朝日との関係強化等の業務、営業収入の拡大に関する業務を担っています。また放送業界の最先端の動きをリサーチすることも大切な仕事です。

  • 大阪支社 NEW

    大阪支社は、本社と緊密に連携し、テレビ・ラジオの営業収入に関する業務を担っており、担当エリアは名古屋以西から岡山(四国も含む)までになります。

  • 北九州支社 NEW

    北九州支社は、本社と緊密に連携し、福岡県内2つある政令指定都市のひとつ、北九州市を中心とするエリアでのニュース取材を行い、また大分から広島までのエリアの営業収入に関する業務を担っています。

  • 経理局

    放送するための活動に必要なすべてのお金や設備を管理している職場、それが経理局です。決算書の作成や日々の伝票のチェック、資産の管理などなど…お金を通して九州朝日放送全体を把握しています。

  • 総務局 NEW

    社員が会社で快適に働けるために、環境を整えるために些末なことまで手掛けたり、会社の財産である“人”を取り巻くあらゆることをお世話したりする職場です。