ストーリー

#10
あらすじ
東京の大学へ進学するため実家を出て以来、ろくに両親と連絡を取ることもなくなっていた悟志。
そんな悟志の下へ久しぶりに母親から連絡があった。
「たまには顔を見せに帰ってきなさい」
いちいち帰るのが面倒だった悟志は両親に中古のPCをプレゼントし、ビデオ通話のやり方を教える。
しかし、そのうち両親が映し出されるはずの映像は見たことのない場所を映しだし…
10-スカイプ2
今回のこわぼん
嘘はそれを嘘と認めた途端に、初めて“嘘”になる。
逆にいえば認めることなく努力を続ければ嘘は真実へと変わる。
しかし、その一歩を踏み出したなら、もう後戻りはできない。信じ続けなければならない。
もう何が本当で何が嘘か自分でもわからないほどに…。
キャスト
メイキング
ストーリー一覧へ

#10