ストーリー

#13
あらすじ
一部のネットユーザーの間で人気だった“LinQ”の研究生・亜加梨の『踊ってみた』シリーズ。
しかし最後にアップされた映像には何人もの不気味な人影や、とても同一人物とは思えない亜加梨の豹変した姿が映っており、物議を醸した。
この映像を検証するという動画をアップする為、実際に撮影現場にやってきた自称クリエイターのK太。
カメラの前で得意の軽快なトークを繰り広げるK太だが、いつの間にか自身も取材対象であるはずの闇に足を踏み入れていることに気づいてはいなかった。
13-ユーチューバー
今回のこわぼん
誰かが見ている。
今この瞬間も。
だからやめられない。
やめたときに全部終わる。
自分という存在も…見ている連中も…あらゆることが終わる。
終わりたくない…終わらせたくない…終われラレない…追ワれレレレなラい…
キャスト
メイキング
ストーリー一覧へ

#13