KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島~祈りの原点をたずねて~ DVD予約受付中

KBC共通メニューをスキップ

201509.24

懐かしい昭和の品がズラリ!

懐かしい昭和のモノがズラリと並ぶ素敵な場所があるということで中継に行ってきました。
お邪魔したのは福岡県筑前町にある
「大刀洗レトロステーション」です。

元々は昭和の時代に走っていた国鉄の駅舎だったと
いうことで、建物自体がレトロな佇まいなんですが、
並んでいる品々がどれもこれも凄いんです。

カメラに映写機、冷蔵庫や蓄音機と映画やドラマの
世界でしか見たことのないようなモノばかりで、
まさに古き良き昭和の時代にタイムスリップしたような気持ちになりました。
もちろん僕も昭和を生きた男ですから、
中には懐かしいなぁと思えるものも
たくさんありましたよ。



そんな中一番インパクトがあったのが、
昭和40年代に発売されたというカラオケ機です!
弁当箱くらいの大きさでスタイリッシュなデザイン。
一見すると最近よくあるBluetoothスピーカー
なのかなぁって感じなんですが、
カラオケ機と聞いてスタッフ一同ビックリ仰天でした。

昭和40年代のカラオケ機って聞いたら
もっとデカくて時代遅れな感じのものを
想像するじゃないですか?
今見てもかっこいいって思えるって凄くないですか?
サイズ感といい、日本のモノづくりの技術って
当時から凄かったんだなあと改めて感心しました。



これらを集めたのが館長の渕上宗重さんです。
全て一人で集められたそうなんですが、
その数なんと1500点です!
しかも修理も全てご自身でされるそうで、
昭和の品々でありながら今でも現役で使える物ばかりというからこれまた凄い!

そんな渕上さんの言われた「捨てる前に考える」という言葉がなんとも印象的でした。
物が溢れている時代だからこそ、物を大事にする心を
大切にしないといけないですね!

兎にも角にも本当に素敵なところで、
皆さんも行ってみると楽しすぎて
時間を忘れてしまうと思いますよ。
そう、「ステイション」だけに、
長くステイしてしまうでしょう!
お後が…苦しいようで…

プロフィール

中島つぐまさ
ナカシマ ツグマサ


1979年、福岡生まれ福岡育ち、
九州沖縄を飛び回る。
プロ顔負けの釣り師で独身。

情報提供はこちらまで↓
メールを送る

このページの先頭へ