KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島~祈りの原点をたずねて~

KBC共通メニューをスキップ

ニュースピア

福岡・佐賀再発見

いま、社会には情報が溢れかえっています。メールやSNSにも時間をとられ一息つく暇もない人も多いのでは?いろんな情報に日々触れていると、身近にある意外な事実を通り越してしまいがちです。地元にまつわる意外な事実を再発見してみる。そうすれば地元の普段の生活でも、少し変わった世界が広がってくるのでは?そんな思いから始めたコーナーです。再発見を探し、キャスターに提案するのは、巽孝之記者です。

2014年08月21日

願って、かなった

今回は視聴者からの投稿です。
「見たいので調べてください」
「なぜこの色なのかも気になります」と。

福岡市城南区の福岡市地下鉄七隈線
金山駅付近にそれはあります。
風景に溶け込んでいるけど、
「あれ?何か違うぞ」と思わず“二度見”
してしまうものってありますよね。
今回はまさにそんな感じでした。


駅から

「金山団地入口」交差点に立つのは、
おもちゃでも、偽物でも、パロディでもありません。
正真正銘の「日本郵便」のポスト。
名付けて「幸せの黄色いポスト」だそうです。



ポストは赤いはず。黄色のポストがなぜあるのか?
事情をうかがおうと「花みずき通り商店街」を歩きました。
幸せを形にしたような、風船屋さん「BAL BAL」がありました。

販売はもちろん、パーティや結婚式などの演出もするそうです。
社長の村上ひろこさんは、
「この黄色いポストをはじめは偽物と思っていて
お母さんが『年賀状を出した』と聞いて
だまされちゃダメと言った」と
笑って話してくれました。



その後も話を聞いてわかりました
地下鉄七隈線ができて人も増えたことから
商店街が人の集まる場所にとなればと
日本郵便に「赤から黄色へ変えてもらえないか」と
要望を出しました。
日本郵便は社内規定で、「ポストは赤」と定めています。
しかし景観や状況などを厳正に考慮して
「特殊ポスト」を設置しているのです。
OKが出されて、2008年11月に設置されました。
集配は1日2回されています。



九州には、黄色いポストが4本あります。
熊本県芦北町、鹿児島県指宿市、そして宮崎市青島
幸せが届けられるようで、ハガキや手紙を出したくなります。

巽孝之記者プロフィール

巽孝之
タツミ タカユキ


1965年(昭和40年)4月7日生まれ

1989年4月KBC入社。アナウンサーを経て2005年報道部に異動。歴史や文化人類学的なジャンル、そして鉄道においては報道部随一の物知りだが、「巽さん、マニアックすぎてわかんないっすよ」と後輩記者にスルーされることも。そんな後輩をギャフンと言わせるため、いや、福岡・佐賀の素晴らしさを再発見してもらうため、きょうもマイク片手に歩きます。

情報募集/情報提供はFAX:092-761-7613か、投稿フォームよりお願いいたします。 情報投稿フォーム

最近の記事

2015年04月30日
1,2,3,4
2015年04月14日
はるか、アジア
2015年04月02日
新年度から すべる
2014年12月19日
再発見 OF THE YEAR
2014年10月23日
銀色の大海原
2014年10月02日
門司に日本唯一の…
2014年09月01日
おいしいご飯は この賜物
2014年08月21日
願って、かなった
2014年07月17日
居心地のいい 知の冒険
2014年07月04日
夏の記憶

バックナンバー

このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます