KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島~祈りの原点をたずねて~

KBC共通メニューをスキップ

ニュースピア

福岡・佐賀再発見

いま、社会には情報が溢れかえっています。メールやSNSにも時間をとられ一息つく暇もない人も多いのでは?いろんな情報に日々触れていると、身近にある意外な事実を通り越してしまいがちです。地元にまつわる意外な事実を再発見してみる。そうすれば地元の普段の生活でも、少し変わった世界が広がってくるのでは?そんな思いから始めたコーナーです。再発見を探し、キャスターに提案するのは、巽孝之記者です。

2014年12月19日

再発見 OF THE YEAR

福岡佐賀を津々浦々、放浪取材する「再発見」
今年の総集編です。どこも私の「見に行きたい」という
願望から取材するので、すべてイチオシなのですが、
中でも、印象に残ったものです。



●年賀状を出す時期に来ました。
 ごぶさたばかりしている毎日なので
 投函してきました。
 福岡市城南区金山団地にある黄色いポスト
 メールをいただいて取材に行きました。
 黄色は印象に強く残る色ですので、
 「見に行った!」という声をたくさんいただきました。



●カメラマンが一番しんどかった回。
 佐賀市大和町の神社「乙文殊宮」
 合格祈願にお堂に落書きをするお宮です。
 下宮から標高差130メートル、距離にして550メートルを
 上った所に位置する上宮がそのお堂です。
 足元が滑るは、息が上がるは、
 翌日も体がこわばって大変でした。
 今年も、いよいよ受験シーズンです。受験生がんばれ!



●夏の取材では、ここがいちばん驚きました。
 行橋市の戦争遺跡。
 戦時中の戦闘機の格納庫「掩体壕」です。
 機銃掃射の弾の痕が残っていて
 戦争があったことを記録してゆかなければ、
 戦争の記憶を残すことを急がなければと思いました。



●細谷キャスターの OF THE YEARは
 サッカー・ワールドカップ・ブラジル大会が開かれた今年、
 身近なブラジルを取材しました。

 福岡市の親不孝通りに、ブラジルの新聞社
 「サンパウロ新聞」福岡支局があり、 
 吉永拓哉支局長が執筆中でした。
 ブラジル・最大の町サンパウロ市に本社を置く日系の日刊紙で、
 日本語の新聞が毎日、3万部ブラジル全土に届けられています。
 福岡県や九州から海を越えてブラジルに移民した人は多く、
 吉永支局長は、故郷の便りを記事にしているのです。



●太田キャスターの OF THE YEARは
 福岡県久山町の案山子。
 柿の木に登ったり、農作業の手伝いをする子供たち
 鋤鍬を牛にひかせての田植え、
 田んぼで子どもたちが野球をする姿など
 どの案山子も私が子どものころに見たというか
 自分のいた風景ばかり。
 2キロの散策コースに、200体以上がいました。
 去年は2000ほどの人が来たそうです。
 久山の風景と、おもてなしの心が
 人気を呼んでいるのではないでしょうか。

KBCの取材エリア福岡佐賀の暮らしの中に
「えっ!」「へーっ!」と思わず声の上がる事は
まだまだたくさんあると思います。
どうぞ、私に教えてやってください。
帽子かぶって訪ねます。

巽孝之記者プロフィール

巽孝之
タツミ タカユキ


1965年(昭和40年)4月7日生まれ

1989年4月KBC入社。アナウンサーを経て2005年報道部に異動。歴史や文化人類学的なジャンル、そして鉄道においては報道部随一の物知りだが、「巽さん、マニアックすぎてわかんないっすよ」と後輩記者にスルーされることも。そんな後輩をギャフンと言わせるため、いや、福岡・佐賀の素晴らしさを再発見してもらうため、きょうもマイク片手に歩きます。

情報募集/情報提供はFAX:092-761-7613か、投稿フォームよりお願いいたします。 情報投稿フォーム

最近の記事

2015年04月30日
1,2,3,4
2015年04月14日
はるか、アジア
2015年04月02日
新年度から すべる
2014年12月19日
再発見 OF THE YEAR
2014年10月23日
銀色の大海原
2014年10月02日
門司に日本唯一の…
2014年09月01日
おいしいご飯は この賜物
2014年08月21日
願って、かなった
2014年07月17日
居心地のいい 知の冒険
2014年07月04日
夏の記憶

バックナンバー

このページの先頭へ
All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 -  許可なく転載を禁じます