KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

久原本家グループpresents中野ユキヒロの九州の食と文化応援隊

久原本家

九州には、キラキラ輝く、人と食と文化が溢れています。九州中の1,000人を超える生産者と太い繋がりを築いてきた中野ユキヒロさんの宝石箱から、一つづつ紹介して頂きます! 今日は、どんなキラキラのお話しが聞けるでしょうか?

中野ユキヒロ商店 代表(元「九州のムラ市場」運営部長兼店長)1960 年生まれ。福岡県直方市出身。大阪辻調理師専門学校卒業後、和食専門店を経て、魚料理への興味からスーパーの鮮魚売り部門の責任者に。その明るさと陽気なトークで名物社員となる。その後、2004 年、(株)九州のムラ市場に入社。店舗立ち上げや運営に携わりつつ、仕入れ業務も担当。消費者と生産者&地域を繋ぐ、活気を生み出す交流の場を築き上げる。2013 年3 月、(株)九州のムラ市場を退社後、独立。「中野ユキヒロ商店」として、九州各地の食・食文化・人を応援する活動を積極的に行っている。九州全域に800 以上の農家さんや加工事業者さん、地域づくり団体とのネットワークを持つ。

中野ユキヒロさん原案、徳永玲子さんが文を手掛けた食育絵本『トマトくんのありがとう』が販売中!生産者の思いを伝えたいと願う中野さんと、長年絵本の朗読で、子供はもちろん大人までをも笑顔にしてきた徳永さんが出会い、トマトが出来るまでのいのちの物語、農家のおじさんの愛情物語『トマトくんのありがとう』が誕生しました。 小さなお子様から大人まで楽しめて、きっと新しい発見があるはずです。 ぜひ、一度手に取ってみてください!

トマトくんのありがとう

今週のおはなし

この情報は番組放送時のものです。現在は変わっている場合がありますので、必ずご確認ください。

【2017年12月08日】

熊本県相良村『農家民宿 くりの里』の“牧山のおばちゃん”

今日は、熊本県相良村『農家民宿 くりの里』の“牧山のおばちゃん”をご紹介します。



中野「地域の郷土料理をずっと研究し作られて、地域に貢献されているおばちゃんです」

【“牧山のおばちゃん”とは?】

“牧山のおばちゃん”こと“牧山規矩子(キクコ)さん”は、熊本県球磨郡相良村で民宿『農家民宿 くりの里』を営みながら、農産物を主とした食品加工もされています。“牧山のおばちゃん” が住んでいる相良村は、人吉市に隣接した人口約4300人の村です。牧山家は、御主人が勤めながら兼業農家をされていたそうですが、御主人の退職後の仕事にと40年ほど前に、地元の特産品“栗”の木を沢山、植えられたそうです。“牧山のおばちゃん” は数年前まで、『おふくろ工房』という加工場で、自家製の地元特産品“栗”を使った、“渋皮煮・シロップ煮”などを作られていました。「今は、『おふくろ工房』から『農家民宿 くりの里』に変えて民宿ばやりよります。」と話してくれました。



【“牧山のおばちゃん”のつくる商品は?】

中野「今は“麹”を使った商品を力を入れて作られています」
玲子「この飲み物は?」
中野「今日は、甘酒を送ってもらったんですよ」
玲子「米粒が一杯!」
田上「本当だ!温かい!頂きます」
玲子「トロトロで、あ〜甘ったらしくなくて」
田上「スッキリした感じの甘さ!」
中野「相良村を流れる川辺川は、国土交通省が毎年行う水質検査で11年連続日本一の水質と評価されているそうです」
田上「聞いたことがあります。キレイだそうですね」
中野「川辺川沿いに、おばちゃんの田んぼがありまして、そこで育ったお米で“麹”を作っているので「おいしいよ!」と牧山のおばちゃんは言われていました」
玲子「米の甘みがフワッと広がりますね〜」
中野「僕が知り合ったのが7・8年前なのですが、その時は“栗”を使ったお菓子を作られていました」



熊本名物の“いきなり団子”の“さつまいも”の代わりに“栗”を使った“栗なり団子”は、牧山のおばちゃんのオリジナル商品で≪にっぽんの宝物グランプリ≫では≪敢闘賞≫を受賞されています。以前から“味噌”も自家製で作られてきましたが、この数年は“糀”を使った加工品づくりに取り組まれているそうです。「大分の先生のところに2年続けて通って勉強してきた」そうです。現在は“糀”を使った“甘酒・塩こうじ・醤油麹”などを熱心に作られています。

玲子「甘酒の他にお持ち頂いたのが?」
中野「塩麹と醤油麹です。醤油麹はご飯を炊く時小さじ1入れてごらん。味がゴロっと変わるから!と言われました」
玲子「あ、甘みがあって美味しい!お料理にいいですね」



牧山のおばちゃんは「子供達に伝統的な発酵文化を伝えたい。郷土料理離れが進む今、再び糀料理が家庭の味となり、家族団らんの手助けとなって欲しい」という思いで、20年以上食文化の継承発展に貢献され、「糀料理」「郷土料理」の普及に力を注がれています。牧山のおばちゃんは『くまもとふるさと食の名人』に認定されています。牧山のおばちゃんは、平成15年度に『くまもとふるさと食の名人』に認定された後、15年間の継続した活動に対して、今年(平成29年)熊本県より感謝状も贈られたそうです。

中野「何かイベントがある時には、このような物を地元で販売されたり、色々な方に教えたりされています」
玲子「民宿もされているんですね」
中野「民宿に行かれたら、おばちゃんの麹料理のフルコースが出てくると思います」



今年行われた≪にっぽんの宝物グランプリ≫でも、牧山のおばちゃんの“麹”を使った料理“糀の七変化”(糀納豆、ゆで卵の醤油麹付け、カボチャの塩糀スープ等)で“栗なり団子”に続いて2年連続≪敢闘賞≫を受賞したそうです。

●連絡先 
『農家民宿 くりの里』  牧山 規矩子さん
熊本県球磨郡相良村柳瀬2837  TEL:0966-24-7383

田上「僕、甘酒あまり得意じゃないんですけど、これは本当に飲みやすい!」
玲子「後口がスッキリしてますよね」
中野「昔ながらの作り方で作られていると思います」
玲子「さて来週は?」
中野「大分県日田市『ももは工房』をご紹介します!」
玲子「ご期待ください!」

  • 午後はニコニコ