KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

宗像 沖ノ島~祈りの原点をたずねて~

KBC共通メニューをスキップ

久原本家グループpresents中野ユキヒロの九州の食と文化応援隊

久原本家

九州には、キラキラ輝く、人と食と文化が溢れています。九州中の1,000人を超える生産者と太い繋がりを築いてきた中野ユキヒロさんの宝石箱から、一つづつ紹介して頂きます! 今日は、どんなキラキラのお話しが聞けるでしょうか?

中野ユキヒロ商店 代表(元「九州のムラ市場」運営部長兼店長)1960 年生まれ。福岡県直方市出身。大阪辻調理師専門学校卒業後、和食専門店を経て、魚料理への興味からスーパーの鮮魚売り部門の責任者に。その明るさと陽気なトークで名物社員となる。その後、2004 年、(株)九州のムラ市場に入社。店舗立ち上げや運営に携わりつつ、仕入れ業務も担当。消費者と生産者&地域を繋ぐ、活気を生み出す交流の場を築き上げる。2013 年3 月、(株)九州のムラ市場を退社後、独立。「中野ユキヒロ商店」として、九州各地の食・食文化・人を応援する活動を積極的に行っている。九州全域に800 以上の農家さんや加工事業者さん、地域づくり団体とのネットワークを持つ。

中野ユキヒロさん原案、徳永玲子さんが文を手掛けた食育絵本『トマトくんのありがとう』が販売中!生産者の思いを伝えたいと願う中野さんと、長年絵本の朗読で、子供はもちろん大人までをも笑顔にしてきた徳永さんが出会い、トマトが出来るまでのいのちの物語、農家のおじさんの愛情物語『トマトくんのありがとう』が誕生しました。 小さなお子様から大人まで楽しめて、きっと新しい発見があるはずです。 ぜひ、一度手に取ってみてください!

トマトくんのありがとう

今週のおはなし

この情報は番組放送時のものです。現在は変わっている場合がありますので、必ずご確認ください。

【2018年02月23日】

長崎県長崎市『ひかり養蜂園』

今日は、長崎県長崎市『ひかり養蜂園』をご紹介します



玲子「今日は“ハチミツ”ですね〜」

【『ひかり養蜂園』とは?】

『ひかり養蜂園』は長崎県長崎市東町にあります。代表は、林田 光徳(ミツノリ)さんです。事業所名は、代表の林田さんの名前「光徳」の「光」をとって付けられたそうです。林田さんは養蜂を始めて20年以上のキャリアがあります。『ひかり養蜂園』では、≪定置養蜂≫と呼ばれる養蜂の方法をされています。≪定置養蜂≫とは、同じ場所に養蜂箱を置き、季節ごとに咲く花の蜜を集める方法です。『ひかり養蜂園』では、この≪定置養蜂≫で主に“みかん”“黄ハゼ”“百花蜜(いくつもの種類の花から集められたハチミツ)”の生産をしています。



田上「黄ハゼ?!」
中野「“黄ハゼ”は調べたところ、 一般的な“ハゼノキ”のようです。“ハゼ”のハチミツは珍しくあまり売っていません」
田上「へ〜〜」
中野「ハゼの葉は“ハゼまけ(かぶれ)”するので嫌われ者なのですが、実はロウソクになり、花は蜜がとれます」
玲子「“ハゼ”のハチミツ、食べても良いですか?」
田上「純粋蜂蜜…」
玲子「うわ〜〜濃厚ですね!でも後味キリッとした独特な香りですね」
田上「あ?なんだろう。甘味だけじゃないですね」
玲子「爽やかな…」
田上「ピリピリッとした感じはしませんね。スーと入っていきます」
中野「“ミカン”は味や香りなどイメージ湧くと思いますが、“ハゼ”は表現しにくいですよね」



“みかん”の蜂蜜は4月〜5月中旬、“黄ハゼ”は5月末に収穫できるそうです。『ひかり養蜂園』での「採蜜」は4月〜6月の間に約4回行われるそうです。“黄ハゼ”の蜂蜜は、貴重で高級品として取り扱われています。

【“養蜂”は?】

玲子「小さなミツバチがチョコットずつ集めてきて、こんなに大きな瓶に詰めて!」
中野「一生のうちに小匙少々とか言いますからね」
田上「この瓶は500gありますね」
玲子「贅沢ですね」
中野「環境の変化で、ミツバチが減っているそうです」



養蜂は、≪蜂の群≫を〔分蜂〕させ、巣箱を増やしていきます。『ひかり養蜂園』では、100箱以上の巣箱を持って養蜂をされていましたが、近年は、環境の悪化や病気などで、蜂が巣から出て行ってしまうことも良くあるそうです。「一昨年が最悪と思っていましたが、昨年はそれ以上に採蜜量が少なく、巣箱の蜂蜜が全滅状態になりました。」と林田さんが言われていました。一度、蜂が出てしまった巣箱は、〔空き家〕状態になり、害虫の被害等で蜂が住めない状態になってしまうそうです。「養蜂を続ける為には、毎年、養蜂の群を購入しなければなりません」と現状の説明をしてくれました。『ひかり養蜂園』では、不足した≪蜂の群≫を沖縄などから購入しているそうです。



田上「蜂を買ってくるんですか?」
中野「分蜂が出来ないから、毎年毎年、蜂を購入する経費が掛かるので大変だそうです」
玲子「ハチミツは高級品というイメージありますけど、状況を考えると納得ですね」
中野「蜂は大変な役割をしていますからね。イチゴも蜂がいないと受粉できず食べられませんから。環境を大切にしなければと思います」
田上「瓶にも書かれていますよ…その年の天候によって微妙に創られ、美味しい味わいの中にもさらに亦、その季節独特の香りと味わいを大自然は作っています」

●連絡先 『ひかり養蜂園』
長崎県長崎市東町1220-3
TEL: 095-838-4641



中野「限られた数しかありませんので、その点はご了承ください」
玲子「さて、来週は?」
中野「佐賀県唐津市の“甘夏かあちゃん”をご紹介します」
玲子「来週もご期待ください!」

  • 午後はニコニコ