KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡ソフトバンクホークス スタートアップ2018応援パフォーマンスDVD

KBC共通メニューをスキップ

ミュージックソン情報

「第42回KBC ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」の募金で設置する音の出る信号機の贈呈式が行われました。

2017年11月29日

昨年11月1日から今年の1月31日までキャンペーンを展開した
「第42回KBC ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」でいただきました浄財をもとに設置する「音の出る信号機」の贈呈式が行われました。

ラジオチャリティミュージックソン実行委員長の園田より、福岡県警本部交通部交通規制課の坂田課長へ、目録の贈呈を行いました。

昨年は「311万5,908円」もの募金をいただき、2基の音の出る信号機を贈呈。
ラジオ・チャリティ・ミュージックソンで贈呈した音の出る信号機の数は全部で198基となりました。




挨拶をする園田実行委員長


福岡県警本部の坂田課長

今年もまた、1基でも多くの音の出る信号機を設置し、目の不自由な方が安心して街を歩けるように、キャンペーンの中で募金を呼び掛けてまいります。
みなさまもぜひ、募金へのご協力をどうぞよろしくお願いいたします!

贈呈式の司会は加藤アナウンサーでした。

このページのトップへ戻る