KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:KBC高校野球応援サイト

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:10アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00水滸伝
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:15ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2017年07月26日放送

7月24日は「テレワーク・デイ」ってご存知でした? 〜働く人々〜

 実は、おととい7月24日(月)は、日本ではじめて官民一体となった「テレワーク・デイ」でした。

 「テレワーク」とは、ITを活用して自宅など職場以外で仕事をすること。九州ではあまり話題になりませんでしたが、東京ではコンピューターのレノボ・ジャパンやNTTデータなどのオフィスは月曜日にもかかわらずもぬけの殻。

 いずれもIT関連企業なので、率先してやろうということだったんでしょうが、特にレノボの秋葉原のオフィスでは800人もの従業員が出社しませんでした。

 この「テレワーク・デイ」の見本となったのは、2012年のロンドンオリンピック・パラリンピック。

 ロンドン市内の移動がスムーズになるように企業の約8割でテレワークが導入され、確かに交通混雑が緩和されて、成功事例となりました。そこで「テレワーク」の別のメリットですが…。

 意外なことに、会社では上司が部下の「働く様子」は見ているけど、実際に仕事内容を把握しているかどうかは別問題で、重要な案件を除いては「上司の思い込み」が多々あるとのこと。

 「テレワーク」はパソコンを介して業務を進めるので、上司に日々の進ちょく状況を報告しなければならないし、相談もし易くなる。これが全社でテレワークを実施するメリットです。

 職場での会話はないけれど、パソコン同士の方がコミュニケーションしやすいってのは皮肉ですね。

 でも、宅配便とかコンビニとか、もはや日本の「基幹産業」みたいになっている部分は電子的に処理できないもんね〜と思ってたらこんな曲があった。

 M「働く人々」SMAP

 ※7月24日付「ITmedia エンタープライズ 」掲載記事からデータなどを引用しています。