KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:HAWKS2017DVD 先行予約受付中

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:10アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00水滸伝
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:15ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2017年10月12日放送

「国鉄の香り」ってどんな匂い? 〜赤いランプの終列車〜

 今週末の10月14日(土)は「鉄道の日」。全国で鉄道にまつわるイベントが開催されますが、今日は鉄道にまつわる「匂い」のお話です。

 最初にお断りしておきますと「匂い」は言葉で表現できないので、経験者した方にしか通じないわけですが、それは「旧国鉄車両の車内のにおい」。

 その匂いは現在の「新幹線のぞみ」の社内には全くないもので、お分かりの方は「はいはい」となりますが、あえて表現すれば「昭和30〜40年代に製造され、通勤電車や電気機関車に牽引された客車に共通する匂い」といったところでしょう。

 それを再現したフレグランスが登場したんです。クッションなんかに吹きかけて使うわけね。

 扱っているのは高橋竜さんという方で、福岡市東区の貝塚公園で保存されているブルートレインの客車の修復活動にも携わっています。

 その少し鼻をつく、何ともいえない匂いは、車両の消毒剤らしいのですが、正体はよくわからない。

 そこで、調香師…香りを調合してフレグランスを作る専門の方にJR東海が保存している国鉄電車のにおいを嗅いでもらって、作っていきました。

 その結果、匂いテストに参加した関係者は「香りの再現性は完璧で、まさに国鉄車両の匂いそのもの。親と一緒に乗った時の幼い記憶が瞬時によみがえりました」とのこと。
 
 これを吹きかけて使う36×36センチの「国鉄青モケットクッション」というのもご丁寧に販売しています。ではその匂い、懐メロでいえばこんなイメージ…。

 M「赤いランプの終列車」氷川きよし

 フレグランスの商品名はズバリ「国鉄の香り」。インターネットでは小さじ一杯分5ミリリットルが3,100円ですが、こちらは売り切れで、皆さん興味があるんですね。