KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:10アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00水滸伝
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:15ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2017年12月05日放送

東京でショッキングなタイトルの展覧会が・・・ 〜ドラえもんのうた〜

 展覧会の話題でございます。その展覧会は東京・新宿にあるギャラリーで12月23日(金・祝)まで開催…って言われても忙しいし、交通費だってかかるじゃないか!と思われるのもごもっとも。

 ただ、タイトルを聞けば誰しも気になるその展覧会の名称は「ドザえもん展」!

 そうです。国民的アニメのキャラクターそっくり、いや「ドラえもん」そのものブルーの人形が、都会の真ん中と思われる川…水面にマンションが写り込んでいる、その川にうつぶせに浮かぶ写真なんかが展示されているんです。まさに「ぼく、ドザえもん」状態。

 「土左衛門」の語源をご存知の実年の方は「朝から何を言ってんだ!」となりますが、この「ドザえもん」の制作者は、京都在住の美術家・岡本光博さん(49)。社会問題や著作権など世間ではタブーとされる題材をあえて扱う方なんです。

 これまでも、日清食品のカップ焼そばUFO(ユーフォー)」の巨大なカップを地表に埋めて「UFO墜落」の様を表現したオブジェも手がけています。

 岡本さんが「ドザえもん展」にチャレンジしたのは、今まさに六本木ヒルズで開催中の「THE ドラえもん展」がきっかけ。

 社会問題をえぐる作品を描く現代アート作家が参加したこの展覧会、国民的アニメへの「忖度」で、全く毒のないドラえもん展になっていてがっかりしたのがその理由です。

 このあとも続けていけるか心配な「ドザえもん展」は、藤子・F・不二雄さんサイドから抗議もないし、手塚治虫さんの長女、手塚るみ子さんは「風刺は漫画の原点。岡本さんにはぜひうち(手塚)の著作物も…」とTwitterでつぶやいたのでありました。

 M「ドラえもんのうた」クレモンティーヌ

 岡本さんは「ドラえもんは国民的なコンテンツで、ある種パブリックな存在。それに対するユーモアが受け入れられない社会になって欲しくない」と語っています。