KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:10アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00(月~木)アサコレ!GO!GO!GO!
    (金)おなかワンダーランド
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:15ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2018年04月13日放送

「喫茶店の日」ですけど「純喫茶」は? 〜旧い喫茶店〜

 今日4月13日は「喫茶店の日」。今から130年前の明治21(1888)年の今日、東京・上野に日本ではじめての喫茶店が開業しました。

 そんな日に恐縮ですが、70年代に歌謡曲のタイトルや歌詞で頻繁に使われた「喫茶店」という言葉は死語になりつつありますね。

 実際に、喫茶店の数はどうなっているかというと、全日本コーヒー協会によれば、1981年の15万4630軒をピークに、直近…といっても2014年ですが、7万9983軒ですからざっと半減です。

 しかし、この数字だけで「喫茶店が絶滅危惧種」と決めつけるわけにはいきません。それは「喫茶店の大型化(マス・マーチャンダイジング化)」ですね。

 「コーヒー・チェーン店」は拡大が続いていて、1997年にわずか18店舗だった「スターバックスコーヒー」は現在1332店舗、「ドトールコーヒーショップ」は約1350店舗(注:ドトール以外のブランド含む)もあって、これに「コメダ珈琲店」「タリーズコーヒー」「サンマルクカフェ」と続きます。
 
 「喫茶店に行く」なんて使わずに「スタバに行く」「ドトールで待ち合わせ」ですもんね。

 なので、減っていく喫茶店の多くは、個人経営のいわゆる「街の喫茶店」と推測できます。確かに、そのタイプの喫茶店を見る機会が減ったし「純喫茶谷村新司」も終わっちゃいましたからね〜。

 合わせて、コンビニやファストフード店で、お手軽に100円で一杯ってコーヒーも増えていますから、レトロな喫茶店の減少イコール日本人が忙しくなったことの証明であり「喫茶店でサボる」文化が消滅し、こんな昭和の喫茶店の風情は消え去っていく運命で…。

 M「旧い喫茶店」野口五郎 1975年

 日本国内のコーヒー消費量は拡大し続けていて、4年連続(2013〜16年)で過去最高を更新しました。その消費量は緑茶の6倍超、紅茶の約30倍に上っています。