KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:10アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00(月~木)アサコレ!GO!GO!GO!
    (金)おなかワンダーランド
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:15ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2018年06月11日放送

KBCシネマ30周年で「シネマソング1DAY」 〜モスラの歌〜

 手前みそではございますが、福岡市中央区長浜にあります映画館「KBCシネマ」が本日開館30周年を迎えました。日ごろのご愛顧に感謝してKBCラジオはシネマソングの1DAYスペシャルです。

 私の映画館の想い出といえば…小さいことから両親に連れられて、よく映画館に行きましてね、1965(昭和40)年の「大怪獣ガメラ」の一作目、モノクロでしたもんね。

 それから翌年の昭和41年「大魔神」も大スクリーンで見ておりますが、10歳、11歳ですから、今にして思えば他愛ない話ですが、当時はほんとに怖かったんですよ。悪党が大魔神にやっつけられるシーンとかですね。

 そんな中、特に印象に残っているのが、1961(昭和36)年の東宝「モスラ」です。あのピーナッツが出演してるやつね。6歳でしたよ。今でもトラウマになっているのが芋虫状のモスラが東京タワーをへし折って繭を作り、その後、羽化した成体モスラが繭を突き破って姿を現すというあのシーン。

 小学校あがるかあがらないかの子供でしかも大スクリーンですから「シャイニング」でジャック・ニコルソンがオノを持ち出すシーンの怖さとは違う、いわば生理的な怖さだったんです。

 それだけ監督の本多猪四郎(ほんだ・いしろう)さんや特撮の円谷英二さんは生物学的なリアリティにもこだわっていたんですね。

 そうなるとお届けする曲はこれしかありません。オリジナルはピーナッツが淡々と歌ってますが、あれは「歌が専門の歌手が歌えばこうなる」って話で、感情移入した女優さんが歌うとまた違う解釈になります。

 自衛隊の車両を吹き飛ばしながらモスラが迫ってくるというシチュエーションで本気に演じれば、これでもまだ軽いかもしれません。

 お二人とも声優さんで、しょこたんこと中川翔子さんと「涼宮ハルヒの憂鬱(すずみやハルヒのゆううつ)」でおなじみ平野綾さんで「モスラの歌」!

 M「モスラの歌」中川翔子/平野綾

 いや〜今となってはDVDとかブルーレイでしか見られませんが、劇場の大スクリーンで見ると別物という感じ。引き続きKBCシネマのスクリーンもよろしくお願いいたします。