KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:10アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00(月~木)アサコレ!GO!GO!GO!
    (金)おなかワンダーランド
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:15ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2018年10月12日放送

北原白秋先生もビックリの小学生! 〜地球に愛を〜

 北原白秋にまつわる話題です。柳川市は地元出身の詩人・北原白秋の功績をしのぶため、全国から詩を募集して毎年、白秋の命日にあたる11月2日に表彰を行っています。

 今年の最高賞「文部科学大臣賞」にはなんと地元柳川市の小学校5年生、大塚勇作さん(11)の作品が選ばれたんです。

 白秋の名を冠した詩のコンテストでグランプリが小学生とは将来が楽しみですね。

 では大塚さんの受賞作品を慎んでご紹介いたします。題名は「カブトムシ」でございます。
 
 ぼくは、カブトムシ。
 かっしょくのよろいを着て
 丸太のようなぶっとい足を持ち
 でかくて
 雲までとどく長い角を
 高々とあげブウンブウンとふりまわす
 人間なんかにつかまりはしない
 高らかに羽音をひびかせて
 空高く飛びたつ
 
 …ここまで聞いて「これって小学生の作文コンクールじゃあなかったですよね?」と疑問に思ったあなた。そのおとり、白秋の名を冠した詩のコンテストで、社会人を含めて全国から8825編の応募作から選ばれたグランプリがこの作品です。後半はこうなります。
 
 光りかがやくぼくの体
 じまんの固くて丈夫なよろいを
 続々とつきさすおびただしい数の矢
 人間は矢をはばむたてをこわしてしまった
 たてにはあながあき
 恵みをもたらす天がいかりだした
 大地はふるえ
 土砂がだく流となって
 命をのみこんでいく
 46億年前のきせきの歯車をくるわせた
 人間なんかにつかまりはしない
 ダイヤモンドのよろいをまとい
 ぼくは生きぬいてやる
  
 大塚さんはもちろん、選考委員会のセンスにも脱帽した次第!

 M「地球に愛を」制服向上委員会
 
 大塚さんは、カブトムシを題材にした理由について「毎年、家族とカブトムシを取りに行く中で進んでいる地球温暖化を伝えたかった」とのこと。

 審査した福岡県詩人会は「カブトムシの体を借りて、自然を壊す人間たちへの怒りを代弁しているかのよう。言葉はとても力強く、リズムもあり、すぐれた文明批評となっている」と評価しました。