KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時10分~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:15アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00あさナビ
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:18ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2016年11月10日放送

渡り鳥はいつ眠るのか? 〜眠れぬ夜〜

 福岡市東区の和白干潟に「冬の使者」…クロツラヘラサギとミヤコドリが飛来しています。クロツラヘラサギは絶滅危惧種に指定されていて、本来はベトナム・台湾・香港などで越冬しますので貴重な姿。ミヤコドリも繁殖地はロシアなどで、中国南部や日本で越冬します。
 
 では、こういった渡り鳥、最長でどのくらい長距離飛行をするのか?スウェーデン・ルンド大学の研究チームが、夏に飛んで来る渡り鳥「ヨーロッパアマツバメ」に約1グラムの小型装置を付けて確かめたところ…約10カ月間にわたり一度も着地せずにヨーロッパとアフリカ大陸との間を往復していることがわかりました。

 この「ヨーロッパアマツバメ」は、全長20センチほどで、春先にヨーロッパなどで巣を作り、秋以降はアフリカ南部で冬を越します。飛ぶのに適した流線形の体で、生活の多くを飛びながら過ごすことで知られていました。ヒナを育てる約2カ月以外は、食事も空中で昆虫を捕まえて済ませます。

 でも、大きい疑問があります。それは「10カ月も空中を飛び続けていったいいつ寝るのか?」ということ。

 このヨーロッパアマツバメ、夜明けごろ数キロ上空まで上昇したあと地上に向かって滑空し、その際に眠っているんだそうです。よく「特技はどこでも眠ることができる」なんて方がいますが、上には上があるものですね。

 M「眠れぬ夜」オフコース

※イルカやマガモなどでは大脳の半分ずつが眠る「半球睡眠」が知られています。