KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:10アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00(月~木)アサコレ!GO!GO!GO!
    (金)おなかワンダーランド
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:15ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2016年06月02日放送

コリジョン・ルールはいかが? 〜野球けん〜

 プロ野球の「コリジョンルール」でございます。
「コリジョン」=「衝突」。ホームベース上での「危険なクロスプレー」を避けるため今年から導入されたルールですが、物議をかもしています。

 特に先月11日の阪神対巨人戦。最初のアウトの判定がコリジョン適用で覆り、セーフになったので金本監督がお怒りでした。つまり「走者の邪魔はしていなかった」のです。

 野球評論家の権藤 博(ごんどう・ひろし)さん)…投手コーチとしてもダイエーホークスなどで活躍されましたが、プロ野球の恩師・与那嶺 要(よなみね・かなめ)さんのエピソードを日本経済新聞で披露されていました。

 1953(昭和28)年の讀賣ジャイアンツ時代の与那嶺さん、南海ホークスと対戦した「日本シリーズ」での「内野ゴロ」で、セカンドからサードに走った。サードで守っていたホークス陰山和夫さんのグラブを「ポンッ」と足で蹴り上げてボールをこぼし、そのままサードを回ってホームにまで生還。

 この「ポンッ」は、相手にケガをさせないようにスパイクを向けず足の甲でやるテクニック。これを良しとするかは別ですが、単なるラフプレーとは違う「芸当」だった…と。

 なるほど、確かに「芸当」=「芸」の域に達していますね。物事はルールでしばればしばるほどハプニング性が薄れ、個々人の「芸」がすたれていくのではないでしょうか。

 M「野球けん」Umekichi

(イントロ紹介)
 この曲もなんとなくOAしにくい「しばり」がある感じですが、健全なお座敷「芸」まですたれてしまうのは残念だな〜。

 権藤さんは「阪神にいたマートンのように無茶な体当たりはラフプレーで退場処分にすればよく、新たなルールが必要だったか?」とコリジョンには疑問という感じでした。

 「野球けん」も四国・松山を発祥とする「本家野球拳」では一切脱ぐことはありません。封印するのは、あくまで「裸になるラフプレー」だけで良いはずですね。