KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

「富田薫のアサコレ!」毎週月曜~金曜あさ5時~6時30分放送

パーソナリティ:富田薫

KBCのアクティブシニア代表 富田薫が、持ち前の軽妙トークでリスナーに元気をチャージ!朝に必要な幅広い情報と爽やかな音楽を富田薫節満載でお届けします!

番組へのメッセージご意見・ご感想などお寄せください

  • ak@kbc.co.jp
  • 〒810-8571
    KBCラジオ「富田薫のアサコレ!」
  • FAX: 092-722-4242

タイムテーブル

  • 5:10アサコレ!トピックス
  • 5:25アサコレ!コーヒーブレイク
  • 5:30アサコレ!スポーツ
  • 5:40アサコレ!九州・福岡
  • 5:54ニュース・天気
  • 6:00(月~木)アサコレ!GO!GO!GO!
    (金)おなかワンダーランド
  • 6:10アサコレ!コラム
  • 6:15ジャパネットたかた ラジオショッピング
  • 6:23アサコレ!リクエスト

アサコレ!コラムバックナンバー

アサコレ!コラム富田薫ひとり語り。日々の発見やチャレンジなどをつづります。(6:10放送)

2018年02月28日放送

嬉野にはホンモノの忍者がいた!? 〜日影の忍者勝彦〜

 現代社会で、スパイやCIAエージェントの名前がばれてしまえば大変なことになりますが、それとても江戸時代のお話ならば、完全な時効でしょう。

 江戸初期から幕末まで佐賀県嬉野市にゆかりのあった3人の人物が本物の「忍者」と認定され、名前が公表されたんです。

 忍者の素性を解明したのは、三重大学の山田雄司教授らのグループで「佐賀戦国研究会(深川直也代表)」が入手していた家系図などをもとに7人まで絞り込み、そのうち3人を本物の忍者と認定しました。

 今週月曜日(2月26日)に嬉野市であった「うれしの温泉忍者フェスタ」で報告されたその「忍者」の一人目は「田原安右衛門良重(たばるあんうえもんよししげ)」…1667(寛文7・徳川家綱の時代)年に島原藩二代藩主・高力隆長(こうりき・たかなが)の周辺を探っていた忍者。

 この高力隆長なる大名は重い税金を民に強いたことで評判が悪く、翌年失脚していますので、忍者調査が何らかの影響を与えたかも。

 二人目は「弁慶夢想」なる山伏。「夢想」は「夢を想う」と書きますので本名ではないしょう。1651(慶安4・徳川家光の時代)年ごろ嬉野に剣術を伝えた人物です。

 三人目が「古賀源太夫」…彼は1856(安政3・徳川家定の時代)年に長崎に来航した英国船の動向を探った肥前の国蓮池藩の藩士でありました。

 調査を行った山田教授は「名前まで特定できたのは非常に珍しい。忍者が創作の産物ではなく、各地の歴史に深く関わったことが明らかになった」と語っていますが、歴史の1ページに関わったご本人たちは名前の公表には戸惑っているかもです。

 日陰の身で生きて、いつかどこかでこの世を去ったわけですから…。

「日影の忍者勝彦」日影の忍者勝彦オールスターズ

 忍者と認定された3名の件は、国際忍者学会で発表される予定って!?そんな学会あったのね〜!!