KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

福岡恋愛白書13 BD好評発売中

KBC共通メニューをスキップ

栗田善成の土曜娯楽版

毎週土曜日 あさ7時~正午放送

栗田善成 きょんちゃん

栗田善成の土曜娯楽版ブログ

2017年12月23日

2017年12月23日 流行の門 子ども専用の“白杖”

今日の流行の門は! 
『 子ども専用の“白杖” 』です。

視覚障害者の歩行の補助となり、“目”となる『白杖』。
これまでは、こども専用の『白杖』というものがなかったそうなんですが、
今年、長野県にある「スキー用ストック」製造会社「KIZAKI」の社長が
全国初となる子ども専用の白杖の開発に乗り出したということなんです!
詳しいお話を  
株式会社 キザキ 代表取締役社長  木崎秀臣(ひでみ)さんにお電話でご出演頂きました。


株式会社 キザキ は、
1961年(昭和36年)に会社設立。
長野県小諸市(こもろし)にある「スキー用ストック」などポール製造販売会社。
ウォーキングを補助するためのスポーツ用ポールもあります。
健康あふれる社会作りのために人間力・技術力を磨き、
顧客のニーズに合わせた商品を作り続けている会社。

これまで子ども専用の白杖はなく、大人用のものを切って使っていた。
そこで、5年前から「子ども専用の白杖」の製作をスタート。
こだわったのは、「軽さ」「握る部分」、「素材」
「軽さ」は、大人用のおよそ半分150〜200gまで軽量化。
「握る部分」は、3Dプリンタを使って、1年半かけて専用のグリップを製作。
握るだけで、杖の先端が地面の方向へ下がるように角度を付けた。

これまでの子供が使っていた白杖は、ゴルフのパターのグリップを
つけていただけなので、直線的で使いづらかったそう。
「素材」は、軽量化のため使ったカーボン素材で、
振動が伝わりやすく、路面の状況を把握しやすくした。
伸び縮みするため、子ども成長に合わせて長さが調節できる。
大人の方でも、白杖を使った歩行の練習用としても、使うことが出来る。
Sサイズ(80〜105cm)、Mサイズ(95〜125cm)の2種類。

購入を希望の方は
値段は、1万円程度。
「キザキ」まで直接、お電話いただければ購入することが出来ます。
お問い合わせ先 : 0267-22-1354(キザキさん)まで





● 値段は、1万円程度。
● 「キザキ」まで直接、お電話いただければ購入することが出来ます。
 お問い合わせ先 : 0267-22-1354(キザキ)

● 来年から、小売店でも販売を目指しています。