KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ

KBCラジオ「PAO~N」

毎週 月~金 午後1時~4時

番組へのメッセージ

お便りはコチラまで!

Mail:pao-n@kbc.co.jp

〒810-8571 KBCラジオ「PAO~N」係

FAX:092-722-4242

PAO-N公式キャラクター「キキナサイ」

下記からダウンロードできます。

JPEGデータ

AIデータ(ZIPファイル)

PAO~Nランニングクラブ参加者大募集!

今夜のしあわせレシピ

壱岐x壱岐スクランブル

サワダデース

過去のPAO~Nサイト

今日のテーマ(たくさんのメッセージお待ちしております!)

『寒いのに〇〇』12月13日(木)
Tシャツです!暖房入れません!
自転車で通ってます!
鍋食べません!など、、、
「寒いのに〇〇」なこと教えてください♩


住所・氏名・電話番号・年齢・ラジオネーム(必要な方)を明記ください。
あなたからのメッセージ、お待ちしております!

2014年06月23日  今日の番組情報 ]

入江製菓株式会社 入江雅彦社長



今回伺ったのは北九州市八幡西区陣の原にある入江製菓株式会社。全国的にも10社しかないという金平糖を作る会社です。
40名の社員がいる中、金平糖を作ることができる職人さんはなんと3名のみ。
その職人さんにも取材前に遭遇したところ、PAO~Nをよく聞いていただいているそうです。ありがとうございます。
応接室で入江雅彦社長にインタビューさせていただきましたが、歴代社長の肖像画がありました。
創業80周年を今年迎えた入江製菓は、入江社長で4代目。社長歴は20年になります。創業者はおじいさまで、京都出身だったそうです。
創業当時は和菓子を作られていたそうです。昭和40年に金平糖を大阪で学んで製造開始。1日に100~150キロ製造しているそうです。
1粒3グラムなので、計算すると1日5万粒!!


金平糖以外はキャンディやチャイナマーブル、フルーツキャンディなどを製造されていて、商品もたくさん。


なんとその中に気になる商品が!

オリンピック招致のときにお土産として持って行った金平糖を入江製菓が作っていたそうです。
金平糖は今では結婚式の引き出物などに人気があるんだそうです。

そして、入江社長のイス。事務所の中で仕切りがあるスペースが社長室でした。机がふたつあるのは、奥様が監査役で経理担当とのこと。厳しい社長室の内情が伺えます。
そんな入江社長のデスクには、試作品の「金平糖チョコ」があり、秋に販売予定のものを一足早くいただきました。


デスクは古い感じでしたが、イスはしっかり黒革のイス(さすが北九州)でした。

今日の格言
思いやりとけじめ

All Rights Reserved. Copyright © KBC Co.,Ltd. 1998 - 許可なく転載を禁じます